前立腺疾患にノコギリヤシが効果的 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

前立腺疾患にノコギリヤシが効果的

カテゴリー:

ノコギリヤシ

主にサプリメントとして摂取されることの多いノコギリヤシ
摂取の理由は人によって異なりますが、主に前立腺肥大症の改善のために飲んでいる人が多いサプリメントです。
では、ノコギリヤシのどのような効能が前立腺疾患効果があるとされているのでしょうか。

前立腺肥大症とは何か

前立腺とは男性にのみ存在する生殖器で、精子に栄養を与えたり保護したりしています。
前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の下方に存在しています。
このため、前立腺が肥大すると膀胱や尿道が圧迫されて、尿が出にくい、溜めにくい、という症状が現れるのです。
前立腺は正常な状態だとクルミほどの大きさですが、肥大すると卵やみかんほどの大きさになります。
前立腺肥大症で起こる症状は主に膀胱や尿道に関係する症状ですが、合併症の一つとして腎不全になることもあります。前立腺肥大の患者は年々増え続けている傾向でもあり、50歳以上では約2割が前立腺肥大と言われています。

前立腺が肥大する要因

前立腺肥大症を発症する危険因子の、明らかなものは加齢です。詳しい事は解明されていませんが、加齢が関係しているのは確かなようです。
他にも遺伝や食生活、肥満、高血圧や高血糖と様々な危険因子が挙げられます。
前立腺が肥大する要因は、男性ホルモンにあります。
男性ホルモンであるテストステロンが血液中から前立腺細胞に取り込まれると、前立腺に存在する酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変換されます。
このジヒドロテストステロンが前立腺の肥大を促していると考えられており、ノコギリヤシを摂取することによって酵素が抑制され、肥大を防ぐことができると言われています。
ちなみに、男性ホルモンを抑制するのなら精力の低下につながるのではないかという心配は、ノコギリヤシに関してはありません。
テストステロン自体を抑えるのではなくて、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を抑えるものだからです。
いわゆる「男らしさ」はテストステロンによるものと考えられていますから、ノコギリヤシの効果でテストステロンが変換されることの防止によって、精力は回復すると推測されます。

前立腺肥大症以外の前立腺疾患への効果

前立腺がんは前立腺肥大症と症状が良く似ており、男性ホルモンが影響していることに関しても同じですが、両者はまったく別の病気です。
前立腺肥大症は良性で転移することはありませんが、前立腺がんは他の細胞組織へ転移することがあります。
残念ながらノコギリヤシが前立腺がんに影響するという報告はありません。

まとめ

ノコギリヤシは前立腺肥大の要因とされているジヒドロテストステロンを抑制する効果があるために、前立腺肥大症を防止する効果が期待されています。
ただし、似たような症状を持つ前立腺がんへの効果は認められていません。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。