腸内細菌のバランスが悪い7つのサイン① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

腸内細菌のバランスが悪い7つのサイン①

カテゴリー:

腸内細菌は体の健康を守るために最も重要な味方の一つであると同時に、健康を害する敵になる可能性を同時に秘めています。あまり周知されていない事実でありますが、腸内細菌が何を食べ、どの様に生きているかにより、腸内細菌は大きく変化します。しかし、自分の体内の腸内細菌が不調であると、どの様にすればわかるのでしょうか?腸内細菌バランス悪い場合に生じる、7つのサインをご紹介します。

「善玉菌」と「悪玉菌」

100兆を超える腸内細菌が体内には存在し、その数は細胞を超えるとされています。そしてこの腸内細菌が体にもたらす影響は、以前にわかっていたよりも遥かに大きいことが明らかになっています。他の物質とともに、「善玉菌」と呼ばれる腸内細菌は消化を改善し、免疫機能を強くし、体内に必要とされるビタミンを生成します。反対に、「悪玉菌」と呼ばれる腸内細菌は消化機能を低下させ、精神的問題、肌トラブルなど、様々な健康問題を引き起こします。

健康な腸は、厄介な腸内細菌を排除するだけでは手に入りません。腸の健康を保つためには、悪玉菌を制限し、善玉菌の成長を促すなど腸内細菌のバランスを維持することが大切です。では、以下よりどの様にすれば、腸の健康を知ることが出来るのかについてご説明します。

その健康問題、腸内環境が原因かも

腸の健康が乱れていないかどうか、どうの様な点を観察すると分かるのでしょうか?風邪を引いた時に、熱が出る様に明確な症状がないため少し注意が必要です。しかし、腸の健康が乱れている場合に共通して生じる、体内に起きている不都合を知らせるサインがあります。その点をよく観察し、腸内環境の改善を試みてみましょう。

腸内環境のバランスが悪い7つのサイン

1、消化器官が優れない

まず最初に、腸内環境が悪い場合に生じる健康問題として思い浮かぶのは、消化不良ではないでしょうか。消化器官の調子が優れなく、消化不良を起こしている場合に医師の診察を受けると、ランソプラゾールやジェネリックの制酸薬が処方されますが、この様な医薬品の効果は表面的な原因にしか効果がないと言われています。この様に消化器官へ問題を起こす原因となる、悪玉菌などには効果が届きにくいことが指摘されています。以下の様な症状に悩まされている場合、腸内環境の改善が必要かもしれません。

  • ガスが溜まる
  • お腹が張る
  • 胸焼け、胃液の逆流
  • 下痢
  • 便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 過敏性腸症(クローン病や潰瘍性大腸炎を含む)

まとめ

腸の機能向上はあまり注目を浴びない様な気もしますが、腸の機能は私たちの想像以上に体全体の健康と緊密に関わっています。例えば、消化不良は腸がうまく機能していないことが予想しやすい健康不良のサインです。しかし他にも腸に関係していないと思われるような症状が、実は腸内細菌のバランスの乱れにより生じているケースがあります。次回は、その他の腸内細菌による健康障害のサインをご紹介します。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。