アルコールでダメージを受けた肝臓を再生するには(酵素の効果)② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アルコールでダメージを受けた肝臓を再生するには(酵素の効果)②

カテゴリー:

私たちの体内では、日々何千種類の酵素が作り出され、体内に取り入れられた栄養素を体の各器官で体内に吸収させる為に働いています。しかし、この重要な働きを持った酵素も、私たちに身近な生活習慣でダメージを受けるとされています。その一つが、アルコールです。今回は、アルコールが体に与える影響、特に酵素へのダメージ、そして損傷を受けた肝臓再生させるためのポイントを調べてみました。(前編・後編)

アルコールによる酵素への影響

今回は、アルコールが酵素に与える影響を(前編・後編)2回に分けてお話しします。今回は後編です。

  1. アルコールはどの様に体内を巡る?
  2. 肝臓に加わる大きな影響
  3. なぜアルコールは酵素に悪い影響を与えるのか
  4. アルコールによる損傷を回復させるには

なぜアルコールは酵素に悪い影響を与えるのか

ではアルコールはなぜ酵素に悪いのでしょうか?アルコールが体内の器官に与える影響が悪いのでしょうか?それとも、アルコールを飲むことで何か体に変化が生じるのでしょうか。まずは、根本的な原因に注目してみましょう。

Q. なぜアルコールは酵素に悪い影響を与えるのでしょうか?

A. その答えは簡単で、アルコールが含むエタノールは有害であり、私たちの体に毒素を与えるためです。

アルコール摂取量が一定の量を越えると、肝臓酵素が上昇し、神経学的酵素にダメージを与えます。しかし、最大のアルコールによるダメージの原因は、一般的に慢性的、過剰なアルコール摂取にあります。毒素として、アルコールが繰り返し体内に取り込まれることで、肝臓が通常行うアルコールの摂取による副産物の濾過が機能しなくなります。慢性的なアルコール摂取による肝臓酵素へのダメージは、脂肪肝やアルコール性肝炎、線維症、肝硬変、そして最悪の場合は死に至ることもあります。

アルコールによる損傷を回復させるには

お酒をを毎日大量に飲んでいる!というあなたにも、まだ肝臓の健康を取り戻す手立てがあるかもしれません。私たちの肝臓の素晴らしい機能として、優れた再生機能があります。アルコールによるダメージが深刻でない場合は、アルコールの摂取を変えることで、アルコールによる肝臓の病気を予防できるかもしれません。そして肝臓だけでなく、アルコールの過剰摂取をやめ日々の食事に気をつけることで、脳への障害も減少するとされています。もし、アルコールによる脳や肝臓への影響を心配する場合は、内科医に今までのお酒をどの様に飲んでいたかを相談し、肝機能のテストを行うことが推奨されています。また健康を取り戻すためにバランスのとれた、栄養素の高い食事をとることでアルコールによって破壊された酵素を取り戻せ、内科医や専門家のアドバイスのもとサプリメントを摂取なども有効であると考えられます。もし、あなた自身がアルコールの摂取量を抑えることが難しいと感じる場合、断酒をサポートするヘルスサービスを提供する地域の機関に相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ

なぜ、アルコールは体に悪いと言われているのでしょうか?ただ二日酔いが辛いからだけではありません。慢性的、過剰なアルコール摂取は肝臓や脳の細胞、そして組織にダメージを与えます。繰り返しアルコールを摂取することで、有害物質をろ過する肝臓の機能が低下するため、脂肪肝やアルコール性肝炎、線維症、肝硬変などさらなる病気への発展、そして最悪の場合には死に至る可能性が心配されます。しかし、この様な肝臓のダメージにも、まだ手立てはあるそうです。毎日の晩酌、飲み会によるアルコールの摂取量を抑え、過剰にお酒を飲まないことを基本に、日々の食事をバランスが良く栄養のあるものを摂る様に意識することで、肝臓の再生が期待できます。今までの肝臓へのダメージを緩和させるためにも、アルコールの摂取について考えてみてはいかがでしょう。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。