食べる甘酒と飲む甘酒の違いは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

食べる甘酒と飲む甘酒の違いは?

カテゴリー:

古くから日本固有の伝統甘味飲料として親しまれてきた甘酒。最近は、その栄養価などにも着目され、飲む甘酒以外に食べる甘酒も登場してきています。今回は食べる甘酒と飲む甘酒の特徴や違いについてご紹介していきます。

甘酒とは

甘酒は、ご飯に水を加えて鍋などで60度まで温め、一旦火を止めて米麹を加えて保温ボトルに詰め替え、温度が下がらないところで10~12時間発酵させます。米麹を麹菌が活性化する温度が60度前後であることから、この温度については甘酒づくりにおいては絶対厳守する必要があります。

発酵させるために容器を移し替える際に、もしも温度が下がった場合、再度加熱し60度~63度程度の温度まで上げてから移すようにします。温度が70度を超えると、糖化酵素が分解されはじめ甘味の少ない甘酒となってしまいます。

また、甘酒のアルコール度数については、酒税法におけるアルコール度数1度以上のものをいいますが、米麹を使用した甘酒については1度以下となる場合が多いため、『清涼飲料水』と区分されます。ただし、酒粕を使用した甘酒については1%を超えるアルコール分が含まれる可能性があるので、子供や妊婦の方が飲む際には注意が必要です。甘酒には、ビタミンB群・葉酸・パントテン酸・ビチオン・ナイアシンと大量のブドウ糖が含まれていることから、体に必要な栄養を補給するのにも役立ちます。

食べる甘酒って? 

食べる甘酒というのは、アルコール飲料または、清涼飲料水として区分されない粒感・食感のある米麹で作った甘酒をさします。飲む甘酒よりも濃厚で、甘味も強いため『和製ヨーグルト』と称されることもあります。甘味を一層強く感じ、食感がある食べる甘酒ですが、飲む甘酒よりも栄養価や味が劣るといったことはありません。

飲む甘酒との違いは? 

飲む甘酒というのは、粒感・食感がなく飲料として飲むことのできる酒粕を使用して作った甘酒や、米麹で作った甘酒の粒感をなくすため、ミキサーなどにかけているものをいいます。上記でも説明したように、酒粕で作ったアルコール分を含む甘酒は『アルコール飲料』として、米麹で作った粒感・食感のないノンアルコールの甘酒を『清涼飲料水』として飲み物として区分しています。

食べる甘酒に期待出来る事

食べる甘酒は、『和製ヨーグルト』と別称されるようにブドウ糖をはじめ、必須アミノ酸、天然型吸収ビタミン群が豊富に含まれていることから『飲む点滴』とも言われています。実際の点滴に含まれるカロリーは、外来で受ける点滴で100キロカロリー~200キロカロリーで、缶ジュース1本程度の栄養価しか見込めず、それ以上に糖の濃度を上げようとすると血管を傷める可能性があります。

そのため、経口摂取できる状態で食欲がない程度の体調の場合には、安易に点滴をするよりも、甘酒など栄養価が高く喉に通りやすいものを口にすることをおすすめします。古来から日本人に親しまれてした甘酒は、当時から夏バテ解消や体力回復のために飲まれており、食べる甘酒については、ほかの食材に加えたりすることでアレンジして取り入れて必要な栄養を補給するのに役立てています。また、甘酒の甘味はブドウ糖によるものであるため、ダイエット中のスイーツとして楽しむこともできるヘルシーな食材として活用することが可能です。

 まとめ

今回は、『食べる甘酒』、『飲む甘酒』の違いから豆知識までご紹介しました。親しみのある日本独自の甘味料として、または栄養補助食品として甘酒を普段の食事に取り入れ、日頃不足しがちな栄養素を上手に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

特に『食べる甘酒』については、料理によってアレンジも可能であるため、味のバリエーションも豊かで、飽きることなく長く楽しむことができます。体調を崩しやすいという方には、風邪をひいてから病院に行くというスタイルから、セルフケアとして普段から意識的に甘酒を取り入れるようにし、栄養バランスの改善と、体調管理の双方を両立することで、健康な身体と食生活を保持していきませんか?

 

【記事監修】看護師:工藤 奈央子

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る