アミノ酸の種類と効果④ 非必須アミノ酸(アルギニン)編 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アミノ酸の種類と効果④ 非必須アミノ酸(アルギニン)編

カテゴリー:

非必須アミノ酸

地球上には多くの種類のアミノ酸存在しますが、その中で人間に必要な種類の必須アミノ酸9種類非必須アミノ酸11種類に分けられ、非必須アミノ酸のアルギニンの効果、効能をまとめてみました。

必須アミノ酸(リジン・メチオニン・トリプトファン)

必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)

必須アミノ酸(フェニルアラニン・ヒスチジン・スレオニン)

非必須アミノ酸(アラニン)

非必須アミノ酸(アスパラギン)

非必須アミノ酸(L‐システイン)

非必須アミノ酸(グルタミン酸)

非必須アミノ酸(セリン)

非必須アミノ酸(チロシン)

非必須アミノ酸(プロリン)

アルギニンとは

アルギニンとは成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高め、アンモニアを解毒に関与します。アルギニンは体内で合成できますが、生成能力が十分ではないので、不足分を摂取する必要があるため、準必須アミノ酸ともよばれます。特に子どもの場合はアルギニンを必要量作り出すことができなかったり、大人でも怪我や感染症などによって合成が追い付かない状態になることもあるため、条件付必須アミノ酸になります。その為、食事から摂取する必要があります。

アルギニンはサプリメントとしてだけでなく、医療現場では輸液成分や試験薬として使用されております。成長期の子供が過剰摂取を続けると、巨人症にかかる危険もあります。また、過剰症として肌荒れ、関節肥大、骨の奇形などもあります。

主な作用

・成長ホルモンの分泌を促進する

アルギニンは成長ホルモンの分泌を刺激します。成長ホルモンには筋肉のたんぱく質合成を高め、傷ついた筋肉を修復したり、体の傷を早く治す働きがあります。

・免疫力を高める

マクロファージとよばれる免疫細胞を活性化させる働きがあります。マクロファージは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃する際に使われる白血球の1種で、活性化することで免疫力も強化されます。

・アンモニアの解毒

肝臓でアンモニアを代謝するオルニチン回路に関わり、アンモニアを解毒する働きがあります。オルニチン回路とは、アンモニアが肝臓に存在するオルニチンと反応し、シトルリンに変化し、さらにアルギニンに変化した後、無毒化された尿素とオルニチンに分かれる代謝回路のことです。

・血流を改善する

アルギニンは体内で一酸化窒素をつくり出します。一酸化窒素は体内のいろいろな場所で作られますが、血管の内側で作られると、血管を拡張し、血流をスムーズにすることで血圧低下が期待できます。血管を拡張することからトレーニングをする人達はトレーニング前に摂取するとパフォーマンスがあがる効果があるとされています。

・保湿

アルギニンには天然の保湿因子として潤いを保つ働きがあります。

・その他利用方法として

シャンプーなどに含まれる界面活性剤としても活用されています。

アルギニンを含む食品

アルギニンの摂取方法

・鶏肉
・大豆
・高野豆腐
・エビ
・ゴマ
・ナッツ類

まとめ

アルギニンは子供の成長から免疫力の向上さらに激しいトレーニングをする方に向いているアミノ酸の1種でしょう。また子供の頃は不足しやすいアミノ酸でもあります。

必須アミノ酸(リジン・メチオニン・トリプトファン)

必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)

必須アミノ酸(フェニルアラニン・ヒスチジン・スレオニン)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る