マヌカハニーの学術研究 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

マヌカハニーの学術研究

カテゴリー:

ワイカト大学生物化学研究所ハニーリサーチセンターより

ニュージーランド国立ワイカト大学の蜂蜜研究家たちは、マヌカハニーの研究を1995年より続けてきています。国産のマヌカハニーの創傷感染などへの優れた効果は、広く一般にも知られています。

 

マヌカハニーは、ニュージーランドに自生しているマヌカ木(学名:Leptospermum Scoparium)の花蜜より採取される蜂蜜です。(近年オーストラリア産の蜂蜜の体系的な検査の結果、オーストラリア国内数ヶ所に自生する Leptospermum Polygalifoliumからも類似した性質を持つ蜂蜜が作られる事が明らかになりました。)

 

国立ワイカト大学は、それぞれの科学専門誌にその研究結果を発表しました。これらに関連する事実は以下の通りです。

 

蜂蜜は、もとから過酸化水素由来の抗菌作用を持っています。過酸化水素は、蜂蜜中のグルコース・オキシダーゼ酵素がゆっくりと変化する事によって形成されますが、その抗菌効力は、千差万別となります。抗菌性が砂糖よりもが低い蜂蜜もあれば、例え100倍に薄めても細菌の成長を止めるような蜂蜜までもが存在します。この様な蜂蜜の抗菌作用の違いは、蜂蜜によっては100倍以上も異なります。

アクティブマヌカハニー(活性マヌカ生蜂蜜)は販売されている蜂蜜のなかでは唯一の抗菌作用が検査されているものです。マヌカ木の属するレプトスペルマム(Leptospermum)属の植物から採取されたハチミツだけに過酸化水素に加えてもう一つの抗菌成分が含まれているのです。この成分は「ユニーク・マヌカ・ファクター」(UMF)と呼ばれています。この二つの抗菌成分は、相乗効果を持つ場合があることも明らかになっています。
UMFという成分は、体細胞や血清中のカタラーゼ酵素による影響はありません。しかし、過酸化水素については、カタラーゼ酵素の影響で破壊されやすくなるのです。過酸化水素は、一般的なハチミツの主となる抗菌成分です。UMFを含有しないハチミツを感染症治療などに利用した場合には、カタラーゼ酵素が影響して抗菌作用が弱くなる可能性が大きいです。

 

マヌカハニーが含有するUMFは、安定していますので変化がありません。どの様な保存方法であろうとその抗菌作用を失う事がないので安心です。しかし、ハチミツ中の過酸化水素を作り出す酵素は、光や熱にさらされる事で破壊されてしまいます。過酸化水素を作り出す酵素は、ハチミツが薄められた時のみに活動をします。これに対してUMFは、濃いままのハチミツでも問題なく活動しますので感染している細胞の奥にまで広がり強い抗菌作用を発揮するのです。

 

また、過酸化水素を作る酵素が反応をするには、酸素が必要不可欠となります。その為、酸素量が少ない環境下では作用しない場合もあります。(包帯や絆創膏などで覆った場合など)しかし、UMFを含有するハチミツの場合は、どのような環境下でも効果を発揮します。過酸化水素を作る酵素は、体液によりハチミツの酸性度が中和された場合にのみ活動しますが、ここで体液によって薄くなったハチミツは結果的に抗菌作用が弱まってしまいます。これは、創傷分泌液中に存在するタンパク質消化酵素により破壊されてしまうからです。

 

UMFについては、他のハチミツの様に過酸化水素を作り出すための酸素を必要としませんので皮膚細胞の深部にまで広がり抗菌作用を発揮することが出来ます。UMF含有のハチミツは、ある特定の細菌に対し、過酸化水素のみ含有のハチミツよりも効果に期待が持てます。例えば、UMF含有のアクティブマヌカハニー(活性マヌカ蜂蜜)は、他のものと比べると約2倍ほど大腸菌や黄色ブドウ球菌などの創傷感染を引き起こす細菌に対しての効果があります。

 

アクティブマヌカハニーは、医療専門家による利用も多くされており、基本的な治療法のみでは治りにくい創傷の患者などに成果をあげています。こういった皮膚潰瘍などに対するアクティブマヌカハニーを用いた成功例がニュージーランドの医学専門誌上で発表されました。

 

オーストラリアのブリズベンにある総合病院の医療スタッフは、UMFが含まれていないハチミツで治癒しなかった患者に対して、創傷の膏薬としてアクティブマヌカハニーを使用したということです。同じように他の病院の臨床医師たちが、高レベルのUMFを持つマヌカハニーに変え通常のハチミツの使用をやめたところ、治癒率が高まったという指摘をしています。
しかしこれらの臨床的に得られた成果のみでは、他のハチミツよりアクティブマヌカハニーが効果的だという確固たる証明にはならないのです。それらを証明する為にも比較臨床実験が必要です。しかし、高レベルのUMFを持つアクティブマヌカハニーを創傷感染の手当てに使うという事には十分な理論的根拠があったのです。

 

ピーター・モーラン教授は、ハチミツの抗菌作用の効力を査定する為のテスト方法とUMF番号の考案をしました。UMF番号は、ハチミツの抗菌作用の標準実験を基に求められ、標準的な生体消毒薬フェノール(別名:石炭酸)の抗菌効力との比較によりハチミツの効力を参照することができます。 仮にUMF等級4のハチミツならば、消毒薬フェノールとして使用される4%フェノール溶液の消毒効力に相当し、UMF等級10のハチミツであれば、10%フェノール溶液に相当するという事になります。

 

ニュージーランドでは、UMF10かそれ以上の等級のアクティブマヌカハニーを医療専門家は使用しています。低レベルの活性度であっても良い結果は得られます。しかし、感染症を完治させる場合には、十分であるとはいえず、低レベルの活性度のハチミツでは、感染症を起こしている細胞組織に抗菌作用が広く及ぶ事はなく、これは細胞組織の奥深くにおいて感染症が発症した場合に良い結果が得られないことを意味しているのです。

 

自然のままで未加工の製品を創傷治療に使用する事により、逆に感染症に掛かるのではないか?という不安をなくす為に、ハチミツをガンマ線照射で消毒する事もできます。これにより抗菌作用が失われる事はありませんので、アクティブマヌカハニーとオーストラリアのレプトスペルマム系ハチミツは、商業的に必要な場合この方法を用いて消毒をすることができます。

 

以上は、ワイカト大学生物化学研究所ハニーリサーチセンターの一部翻訳ですが、特筆すべき事に上記、モーラン教授の考案したUMFは今まで謎とされていたマヌカハニー特有の抗菌活性物質がメチルグリオキサールであることが近年ドイツの研究機関によって発見されました。その強い抗菌、抗ウィルス作用、が大きく期待され、今後、このハチミツの広域な展望が急激に開け大いに注目されています。そして、このハチミツの特異要素がメチルグリオキサール(MGO)であることが確認されたことによってハチミツ中のMGO含有量測定からそれぞれの製品が従来のUMFとは比較にならないほどの精度で、抗菌、抗ウィルス作用、を知ることが出来るようになりました。

 

従いましてUMFでの測定方法は今や前時代的でありその誤差も非常に大きいことから活性マヌカ生蜂蜜のランク付けとしては不適切であり、ニュージーランド第一次産品省(旧農務省)ではMGO含有量のみをもって正規の測定基準として定め、製品表示を義務付けています。

関連記事

胃潰瘍とピロリ菌について

はちみつの豆知識

メチルグリオキサールについて


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。