抗酸化物質の効果を最大限に引き出す、生活習慣① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

抗酸化物質の効果を最大限に引き出す、生活習慣①

カテゴリー:

体内に存在する抗酸化物質は、体に酸化ダメージを与えるフリーラジカルと戦う機能を持っています。フリーラジカルは通常2つあるはずの細胞内の分子の電子が1つ欠けていることにより、他の分子から電子を奪い取ってしまうことにより生じる、体へのダメージが問題視されています。フリーラジカルの働きによる健康問題は60種類以上あるとされ、老化を早める、遺伝子の再生を妨げるなど、我々に身近なシワを増やすなどの変化から、パーキンソン病、アテローム性動脈硬化症など深刻な病気にも関係します。これらの健康被害を予防、改善するために抗酸化物質が有効です。しかし、抗酸化物質豊富に含む食品を積極的に摂取したり、抗酸化物質を含むサプリメントなどを摂取しても、生活習慣が乱れているとせっかくの抗酸化物質働きが引き出されません。ゆえに、抗酸化物質効果最大限引き出すには、日々の生活習慣の改善も重要になります。

抗酸化成分を効果的にする生活習慣

日々の生活に悪習慣が続いている場合、フリーラジカルの悪い働きを加速させることにもなります。この様な悪い生活習慣にストップをかけないでいると、体内のフリーラジカルのレベルは危険なほど上昇し体内で生じる炎症を悪化させ病気を引き起こす可能性があります。抗酸化物質の効果を得るには、食生活の改善の他にも以下の様な生活習慣を改善させるポイントがあります。

砂糖の摂取量を減少、糖分(フルクトース)と穀物の摂取を制限する

カリフォルニア大学の内分泌学科の小児科の教授である、ロバート・ルスティング教授によると、フルクトースはタンパク質に対して、体内に超酸化物であるフリーラジカルを形成するメイラード反応を生み出します。このフリーラジカルが体内に引き起こすダメージは、アルコールが原因となる肝炎に似た症状を引き起こします。糖分、そして(体内で糖分に変化する)穀物の摂取を減らすことで、体内の酸化ストレスを減少できます。加えて、あなたの体内に存在する抗酸化物質はよりより効果的に働きより長く活動できます。また、炭酸飲料やジュースなども通常大量のフルクトースを含むため、加工食品の摂取も推奨されていません。

運動をする

逆説的に、運動は酸化ストレスを生じるため、運動をすることで体内の抗酸化物質の生成が促進されます。正しい運動を適度にすることで、体内で生成できる抗酸化物質の生産量の改善をサポートします。例えば、酸化ストレスによって心臓に大きな負担をかけるマラソンなどの長時間の有酸素運動よりも短期間で集中的に行うピークフィットネスなどが抗酸化物質を増加させるためには効果的です。

まとめ

抗酸化物質を体内で効果的に機能させためには、体内の抗酸化物質を補う食品を摂取したり、抗酸化物質を含む食品を食べることが重要です。しかし、健康に良い食事を食べても毎日の生活習慣が不規則で悪習慣ばかりの場合、この体内の抗酸化物質も効果的に働けなくなります。抗酸化物質をうまく働かせるためには、まず糖分の摂取をコントロールする、また適度の運動をすることが大切です。

 

この文章は抄訳です。訳:松本マリ

The Ultimate Guide to Antioxidants


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。