抗酸化物質の効果を最大限に引き出す、生活習慣② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

抗酸化物質の効果を最大限に引き出す、生活習慣②

カテゴリー:

前回の記事で、バランスのとれた食事、抗酸化物質を多く含む食品を摂取する他に、抗酸化物質を体内で効果的に働かせる為には、生活習慣が鍵となるというお話をしました(前回の記事)。糖分の摂取をコントロールする、適度の運動をするなどが抗酸化物質に良い生活習慣といえます。日々の生活の悪習慣は、フリーラジカル悪い働きを加速させることにもなります。そしてそのような生活を続けていると、体内のフリーラジカルのレベルは危険なほど上昇し、体内で生じる炎症を悪化させ病気を引き起こす可能性があります。今回は前回の続きで、抗酸化物質効果を最大限に引き出す方法についてご説明します。

タバコを吸わない

喫煙フリーラジカルが体内で形成される原因となり、また老化の進行を加速させます。自身が禁煙者でも、喫煙をする人の周りにいることで、栄養素の吸収に欠かせない皮膚内のマイクロキャピラリーにダメージを与え、シワや加齢現象に拍車をかけるなど、健康に影響を及ぼします。また喫煙は、様々な病気の病原生物に貢献し病気を引き起こす原因となります。

ストレスフリーでいる

精神的なストレスは、フリーラジカルを形成させ体内の炎症や免疫機能を貧弱にさせるなどの影響があります。急性、慢性の精神的ストレスは、数々の健康障害に関係していると研究でも明らかになっています。アメリカ疾病予防管理センターもまた、この精神的ストレスと病気の関係に言及しており、それによると全ての疾患の85%は精神的な原因により生じているそうです。

 

十分な睡眠を摂る

質の良い睡眠は健康の基礎となります。また研究によると、睡眠障害は健康に深刻な影響を及ぼすことがわかっています。人によって異なりますが、平均6〜8時間の睡眠を取ることが成人の場合理想的であり、睡眠時間が長すぎる、短すぎる場合両方ともに健康に悪い影響をもたらすことがあります。もし、なかなか寝付けない、睡眠障害で困っている場合はこの睡眠不足を解消するポイントを踏まえて、睡眠の質を変えてみましょう。

グラウンディングを試みる

別名「アーシング」とも呼ばれるこの行為は、体内に生じている炎症症状を改善し、抗酸化物質の強化に期待ができるとされています。人間の体と、地球にはエネルギーの流れがあり、その流れに負電荷が存在します。裸足で歩き地球を感じることにより足の裏から、大量の負電荷を体内に取り込むことが可能になります。この余り馴染みのない「グラウンディング」を生活に取り入れるには、ビーチやお庭の芝生土の上でラジオ体操など簡単な運動をすることがおすすめです。このグラウンディングはお金がかからずに、強力な健康効果を得られるとして注目されています。

まとめ

老化を促進し、細胞の再生を阻害するなど健康に影響を与えるフリーラジカルから体を守る、抗酸化物質は食事や生活習慣で効果的に機能させることができます。糖分の摂取を制限したり、程よい運動をする他に、ストレスを感じないように心がけ、グラウンディングと呼ばれる日本ではあまり馴染みのない運動も地球が出すエネルギーを吸収できるということでおすすめされています。また、睡眠を十分にとる、タバコを吸わないなども重要ということです。

 

この文章は抄訳です。訳:松本マリ

The Ultimate Guide to Antioxidants


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。