アロマセラピストおすすめ! 梅雨時期に効果的なアロマ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アロマセラピストおすすめ! 梅雨時期に効果的なアロマ

カテゴリー:

アロマオイル

梅雨の時期、じめじめとした天気が続き、何だか気持ちも晴れ晴れしない、というように落ち込んでいませんか? 今回はアロマセラピストの私がおすすめする、梅雨の時期に効果のあるアロマや、アロマオイルをご紹介します。カビ、部屋干しのイヤな臭い、憂うつな気分に是非試してみてください。

 

梅雨に効果的なアロマ

 

長雨が続き、ジメジメと蒸し暑い梅雨時期は、心身の不調が起こりやすい季節です。不快を感じる日が多いので、ストレスを感じやすくなります。洗濯物の室内干しも多くなり、家の中も湿気でジメジメとしてきますよね。憂うつな気分を吹き飛ばして、快適に過ごせるような効果的なアロマを生活に取り入れてみましょう。

 

梅雨

 

憂鬱な気分をリフレッシュするアロマ

 

ペパーミント・レモン・グレープフルーツなど

 

憂鬱な気分をリフレッシュしたいときには、ペパーミント、レモン、グレープフルーツなどがおすすめ。

ペパーミントは清涼感や冷却感があるので、気持ちを爽やかにしてくれます。レモンやグレープフルーツは沈んだ気持ちを明るく高めて、すっきりと気分転換するのにピッタリ! ティッシュに垂らして香りを嗅いだり、アロマディフューザーで部屋全体に香りを漂わせてリフレッシュしましょう。

 

だるさを解消してくれるアロマ

 

サイプレス・ジュニパー・グレープフルーツなど

 

体のだるさや重さを解消するには、アロマバスソルトがおすすめ。

サイプレス、ジュニパー、グレープフルーツなどを使うと、更に老廃物の排出を助けてくれる効果が期待できます。サイプレスやジュニパーはウッディ調の香りなので、森林浴のように気持ちもスッキリと爽やかになるでしょう。

 

●アロマバスソルトの作り方

 

天然のバスソルト30~40gに、アロマオイル4~5滴を混ぜるだけで出来上がり。バスソルトは発汗効果が高く新陳代謝を活発にしてくれます。

 

アロマソルト

 

部屋干しのニオイ対策アロマ

 

ペパーミント・ユーカリ・ラベンダー・オレンジなど

 

洗濯物を部屋干しにしていると、嫌なニオイが気になることがありますよね。

これは雑菌が繁殖してしまうことが原因です。嫌なニオイを防ぐために、簡単に手作りできるアロマの消臭殺菌スプレーを取り入れてみましょう。洗濯物の防臭だけでなく、部屋の空気を綺麗にする効果も期待できます。

 

●消臭殺菌アロマスプレーの作り方

 

スプレー容器を用意し、無水エタノール10mlとアロマオイル12滴を加えて混ぜた後、精製水20mlを入れてよく混ぜて出来上がり。アロマオイルは消臭、殺菌効果のあるペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、空気浄化効果のあるオレンジなどがおすすめです。

 

アロマオイル

 

カビや雑菌を予防するアロマ

 

マヌカ・ティーツリー・ユーカリ・レモンなど

 

水周りやクローゼットなど湿気のこもりやすい場所は、特にカビや雑菌が繁殖しやすいです。

マヌカもティーツリーも、古くから抗菌薬として使われてきた歴史もあり、殺菌効果や防カビ作用が高いのでオススメです。特に殺菌効果が高いマヌカオイル(ニュージーランド産)に関しては、ティーツリーオイル(オーストラリア産)を遥かに超える活性作用があると言われております。

その他には、ユーカリやレモンなども効果的です。

クローゼットやシューズボックスなどは「重曹アロマ」で防カビ、防菌、ニオイ対策をしましょう。水周りには除菌・防カビスプレーを使いましょう。

 

●重曹アロマの作り方

 

容器に重曹100gとアロマオイル10滴を混ぜて、ペーパーナプキンと輪ゴムなどで蓋をすれば出来上がり。1~2か月が交換の目安。アロマオイルの香りが弱くなってきたら、アロマオイルを足してもOK。使い終わった重曹は掃除にも使えます。

 

●水周りの除菌・防カビスプレーの作り方

 

スプレー容器を用意し、無水エタノール10mlとアロマオイル12滴を加えて混ぜた後、精製水20mlを入れてよく混ぜて出来上がり。水を拭き取った後に吹きかけて予防しましょう。ニオイが気になるゴミ箱にシュッと吹きかけるのもおすすめです。

 

※手作りアロマ用品の注意点 

 

  • アロマオイルは水に溶けません。エタノールで溶かしてから精製水を加えるようにしましょう。
  • エタノールはアルコール純度の高い無水エタノールが消毒用よりも適しています。
  • アロマ成分はプラスティックを溶かしてしまう可能性があるので、容器はガラス製が最適です。
  • 作ったスプレーは冷暗所で保存し、1か月以内を目安に使い切りましょう。

 

アロマオイル

 

●まとめ

 

アロマは抗真菌、抗菌作用のあるものが多いので、カビや雑菌が繁殖しやすい梅雨時期に役立ちます。いくつかご紹介したアロマオイルの中からお好みの香りを選んで、除菌や防臭、空気浄化などに活用してみてください。

また、梅雨に起こりやすい心身の不調を和らげる効果も期待できるので、アロマの香りを楽しみながら生活に取り入れてみましょう。

 

【記事監修】アロマセラピスト/セラピスト:河谷 友紀

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る