多量のワキ汗の原因は? 腋窩多汗症の治療対策 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

多量のワキ汗の原因は? 腋窩多汗症の治療対策

カテゴリー:

ワキ汗

 

気温や湿度が高くなる夏~秋にかけて、洋服の汗ジミが気になる方が増えるものです。多汗症の中でも特にワキからの発汗が多いものを「腋窩多汗症」と言います。治療やセルフケアなどの腋窩多汗症対策についてお伝えします。

 

多量のワキ汗の原因は多汗症?

 

腋窩多汗症は、全身に汗をかくいわゆる汗かき体質とは異なり、気温や湿度が快適であるにもかかわらず、特にワキからの発汗が多い病態です。ワキ汗のために日常生活に支障が出るほどであるといいます。具体的には、次のような症状と悩みが挙げられます。

 

  • ワキ汗が多いために人と接する時に気になる。
  • 季節に関係なくワキ汗が多く、匂いが気になる。
  • 緊張するとワキ汗がどっと出てくる。
  • ワキ汗が多いので、汗ジミが気になり、好きな服が着られない。

 

年代としては思春期〜中年期の世代が多いです。学業や仕事など、外に出て人と接するなどの社会活動も盛んな世代であり、普段の生活に困っている方も多くいます。職場などで他の人が汗をかいていないのに自分だけワキに汗をかく状態は腋窩多汗症かもしれません。

 

ポイントは、本人がどのくらい困っているかです。しかし、汗の量や匂いがどのくらい気になるかは精神的影響も多いため、評価が難しい側面があります。

 

クリニック

 

腋窩多汗症の治療方法

 

○何科を受診する?

 

ワキ汗が気になる場合、受診科は「形成外科」「皮膚科」「麻酔科」などです。

 

美容クリニックでも診察可能なところが多いですが、これらの科目を扱っていれば必ず診察を受けられるという事ではありません。あくまでも、先生が専門として取り扱っているかにもよりますので、事前に電話などで問い合わせた方が良いでしょう。

 

診断は、問診や視診、発汗量の測定などを行う場合があります。実際にワキを観察しますので、ノースリーブ着用やスポーツブラ装着など、衣服に配慮した方が診察時にスムーズです。

 

○治療法は?

 

治療は患者さんの希望やコスト、症状の重さによって決まります。

 

  • 侵襲の低いものでは、内服薬、外用薬、電流療法。
  • 侵襲のあるものでは、レーザー、注射、手術。

 

根治するには手術が第一選択。ボトックスなどの注射は一時的には効果がある方もいますが、耐性が出来ると効果が薄れる方もいます。

 

腋窩多汗症の中でも重症の症例では保険適応になるケースもあります。重症度の評価は医師が行います。

 

ワキ汗を緩和するセルフケア

 

○食生活を見直す

 

発汗には自律神経が作用します。

 

辛いもの、酸っぱいもの、カフェインを多く含むものなど、刺激のある食べ物は交感神経を優位にし、発汗が増えるのです。また、肉など高タンパクの食事は代謝をあげ、発汗を促します。脂肪の多い食べ物は、汗の匂いを強くします。

 

一方、大豆製品はエストロゲンに似た作用で、自律神経のバランスを整えるため、発汗を抑えます。ハーブティも、副交感神経を優位にし、発汗を抑えるのでオススメです。

 

刺激控えめの、体に優しい食事をバランスよくとる事が重要なのです。

 

和定食

 

○ストレスをコントロール

 

仕事が忙しくていつもイライラしている、寝不足で疲れている、こうしてストレスが溜まると、自律神経は乱れがちになります。この乱れは、発汗を増やす事があります。

 

ぬるめの湯船にゆっくり浸かる、肩を温めるなど、一日の疲れはその日のうちに取れるように、セルフケアを心がけましょう。

 

○脂肪と体重コントロール

 

脂肪が多いと発汗が増えます。適正体重になれるよう、体重をコントロールしましょう。

 

  まとめ

 

ワキ汗は汗かきや全身の多汗症とは違い、局所的な症状です。ワキ汗を抑えるには、日常生活の習慣や食生活を見直すことも大事です。治療だけでなく、自宅でできるセルフケアもありますので、まずは実践してみてはいかがでしょうか。

 

【執筆】看護師:嶋谷 裕美

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る