ブルーベリーの糖尿病への効果① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーの糖尿病への効果①

カテゴリー:

糖尿病を持病とする方や糖尿病予備軍の方など、毎日の食事に何を食べたらいいのか困っていませんか?今回は、2回に分けて(①・糖尿病効果があるとされるブルーベリーについて調べてみました。デザート感覚で楽しみながら、ブルーベリーの健康効果を得ましょう。

ブルーベリーは糖尿病の味方

ブルーベリーは、1粒1粒の大きさは小さいものの、果実に含まれる健康効果は大きく、特に糖尿病に対する効果が期待されています。ブルーベリーには、食物繊維抗酸化物質ビタミン、そして糖尿病とうまく付き合うために重要な栄養素が豊富に含まれています。このブルーベリーの健康効果によって、全米糖尿病学会(American Diabetes Association)は、ブルーベリーを「糖尿病患者のスーパーフード」として称しています。

ブルーベリーの栄養素

ブルーベリーに含まれる栄養素は主に、

  • 食物繊維(水溶性・不溶性)
  • 抗酸化物質(アントシアニン、ビタミンA、ビタミンE)
  • ビタミン・ミネラル(ビタミンC、マグネシウム・カルシウム)

などの栄養素が有名です。ブルーベリーに含まれる食物繊維は、食事から十分に摂取することで免疫の強化、精神的安定、消化管に生じる病気の予防や改善に有効であるとされています。また、ブルーベリーは抗酸化物質を豊富に含むことでもよく知られ、目の健康や、脳の健康、様々な病気の予防に働きかけます。

ブルーベリーの糖尿病への効果

1、血糖値のコントロール

それでは、実際に糖尿病に対してどのような効果があるのでしょうか?

ブルーベリーに含まれる成分は、単糖類であるグルコースをエネルギーに効率的に変換させる助けをします。これによって、糖尿病と闘うために重要な、インスリンへの抵抗性が低くなり、血糖値をコントロールする効果が期待できます。

インスリン耐性を改善

ミシガン州立大学心血管センター(University of Michigan Cardiovascular Center)の、2009年4月19日に、アメリカ・ニューオリンズで行われた、生物学研究会議での発表では以下のことが明らかにされています。実験用のネズミに、パウダー状に潰したブルーベリーを与えたところ、インスリン抵抗性に改善が確認されたということです。また、このインスリン抵抗性に対する変化は、ブルーベリーの摂取とともに、高脂肪な餌を与えたとしても同様の結果が確認出来たそうです。

2型糖尿病を患っている人のほとんどは、インスリンに対し体が耐性をもってしまい、それによる健康被害で苦しんでいます。ですから、インスリン感受性を高め、インスリンに反応できる体を取り戻すことで、糖尿病の改善が期待されます。

遺伝子への変化

また、ミシガン州立大学心血管センターはさらに、パウダー状のブルーベリーを摂取したネズミの遺伝子に生じた変化に注目しています。ネズミの遺伝子は、実験前と比べ実験後には、血糖値の低下、そして摂取したグルコースがより効率的に消化されるように、遺伝子に変化が生じていたということです。これに対して、ジョスリン糖尿病センターは、2型糖尿病を患っている場合、ブルーベリーのように、食物繊維を豊富に含む食品を十分に食べることによって、血糖値の低下が期待できるとしています。

まとめ

現在、世界中で糖尿病の患者数が激増しています。

糖尿病は、食生活、日々の習慣、不規則な生活リズムなど、様々な要因によって生じます。この病気を改善するためには食生活の改善や適度な運動を心がけるなど、手軽に始められるものも沢山あります。また、血糖値が高いと診断された場合、糖質を制限した食事が重視され、甘いものやデザートは断念せざるを得ないとされています。

そこで、注目したいのがブルーベリーです。ブルーベリーには、糖尿病に有効な食物繊維、そして病気を予防する抗酸化物質が豊富に含まれています。また、ブルーベリーには、インスリンへの耐性を改善し、血糖値をコントロールする効果が期待できます。次回は引き続き、ブルーベリーの糖尿病への効果をみていきましょう。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る