オーガニックワインを飲むべき理由② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

オーガニックワインを飲むべき理由②

ワインが含む抗酸化物質は、老化や病気の原因となるフリーラジカルに効果的に働き、またワインにはレスベラトロールと呼ばれる寿命を延ばすといわれる特殊な抗酸化物質が含まれています。しかし、従来のワインは合成添加物の添加、農薬やカビ菌の混入などが心配されています。今回は、前回に引き続き、従来の一般的なワインと比べ、オーガニックワイン飲むべき理由について調べていました。

前回までの記事

今までの記事では、従来の製造法で作られたワインを飲む危険性、またそれに対してオーガニックワインを選び・飲むべき理由についてお話ししました。
従来のワインについて
オーガニックワインを選ぶ理由

7つのオーガニックワインを飲むべき理由

4、天然酵母の使用

自然に存在する天然の酵母は、添加される酵母とは異なり、ブドウの皮に天然に含まれている成分に由来します。オーガニック農法でない従来の農法で育てられたブドウは、一般的に農薬の使用によって、ブドウ本来に存在する酵母が死滅してしまうため、ブドウの皮由来の酵母が存在しません。天然の酵母がブドウに含まれている場合、ワインを作る工程でブドウを潰した際に酵母が流れ出し、糖質をアルコールに変換していく過程が始まります。

オーガニックのワインの製造者は、天然の酵母の使用が推奨されていますが、天然酵母の使用は必須であるわけではありません。このように全てのオーガニックワインが天然の酵母によって製造されているわけではないため、オーガニックワインを購入する際にはどのような酵母からできているワインであるか、購入前に少し調べることをおススメします。

5、認証を受けるためのプログラムの毎年の参加義務

オーガニックワインの品質を維持するために、オーガニック(有機栽培)のブドウを生産する農家は、毎年アメリカ農務省による検査に合格し、規定のレベルを満たしているという認定を受けなければなりません。これによって、オーガニックワインの生産者が、有機栽培のブドウのみを使用し、合成添加物の加えられていないオーガニックワインの製造が保護されています。

6、サスティナブルなオーガニック農法や生産方法

サスティナブルは、未来を見据えて、将来その資源や方法が維持されるように取り組む考え方であり、オーガニック農法でも重要な役目を持っています。オーガニック農法では、地質を守るために植える間作物や、落ち葉などから作る植物性の肥料糞などから作る動物性の肥料動物の放牧節水再生可能な資源の使用、そして輪作などが行われます。これらの農法は、土壌の栄養分を守る効果や、表面の土の質を優れた状態で長期間維持する効果、自然に雑草や昆虫が管理され、植物に有害な細菌やカビ菌の発生を抑制し、多様な生物が共存する環境を保護する効果があります。

7、健康との関わり

ワインに含まれるレスベラトロールと呼ばれる抗酸化物質を摂取することで、フリーラジカルによる損傷から体が守られます。それにより、適度にワインを摂取することで得られる健康効果は、以下のような病気の予防や改善に効果があるとされています。

  • 心臓病の改善
  • 動脈硬化の予防
  • トリグリセリドや、コレステロールの蓄積を減少
  • 脳卒中を予防
  • 肥満のリスクを低下
  • 糖尿病への効果
  • メタボリックシンドロームへの効果

まとめ

あまり一般的ではないオーガニックワインですが、オーガニックワインを選ぶことで得られる食の安全や安心が大きく期待されています。また、ワインのような飲料物の場合、原料の全てを商品ラベルに記載しなくても良いとされているので、従来のワインにに含まれている全ての添加物を確認するのが難しいという問題があります。今回は、環境に優しく、体にも優しい、オーガニックワインを選ぶ理由についてご紹介致しました。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。