ブルーベリーの健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーの健康効果

カテゴリー:
濃い紫色が美しいブルーベリー、この小さな実には沢山の健康成分がギューっと凝縮されています。ブルーベリーはその昔、アメリカのネイティブインディアンの間では、薬として用いられてきました。今回はこの、ブルーベリー健康効果を調べてみました。

豊富な抗酸化物質

私たちの体内では、代謝活動の中で自然にフリーラジカルが生じます。そして時間をかけて、フリーラジカルは様々な病気の原因となります。抗酸化物質を豊富に含む野菜や果物はこれらの抗酸化物質を中和する働きを持つため、このような抗酸化物質を豊富に含む食品は人間の食生活において非常に重要であると考えられています。その中でもブルーベリーは抗酸化成分を摂取する為に適したフルーツであり、特に生のままで食べることで豊富な抗酸化物質が摂取できます。缶詰に加工されたブルーベリーは生のものに比べ、抗酸化物質が少ないそうです。2005年にアメリカ合衆国農務省Human Nutrition Research Center on Agingのジェーン・メイヤー氏が発表した研究によると、抗酸化物質は加齢によって生じる精神障害の軽減を助ける効果があるそうです。

ブルーベリーの効果

ラトガーズ大学の研究者であるエイミー・ホーウェル氏は、Rutgers Cooperative Extension of Atlantic Countyによって発行された1999年の記事「The Blueberry Bulletin」で、ブルーベリーは尿路壁に細菌が蓄積するのを予防することで、尿路感染のリスクを軽減させると言及しています。また、この濃い色をしたブルーベリーは低密度リポタンパク質コレステロールの値を下げる助けをするとされています。このブルーベリーがもつコレステロールを下げる効果は、ブルーベリーの濃い紫色の原因である、フラボノイドにあります。コレステロール値を下げる効果は、また、心血管に生じる病気や脳卒中のリスクを下げる効果と関係しています。

凝縮された栄養素

ブルーベリーには沢山の栄養素が豊富に含まれているものの、実は低カロリー食品であります。1カップの生のブルーベリーのカロリーにはたったの84カロリーしか含まれていません。また、ブルーベリーには食物繊維が大変豊富に含まれており、1カップあたり3.6gの食物繊維を含みます。食物繊維だけでなく、ビタミン類も豊富であります。1カップのブルーベリーあたり、1日の目安摂取カロリーが2000カロリーの場合、1日のビタミンC目安摂取量の24%、ビタミンKは36%、マグネシウムは25%も摂取することができます。

摂取方法

もし、毎日生のブルーベリーを摂取するのが難しい場合、朝食のシリアルやオートミールに振りかけるなど、他の食品とともに摂取し、ブルーベリーの豊富な栄養素を体内に取り入れるようにしてみてはいかがでしょう。また、マフィンやパンケーキにブルーベリーを加えるのも、朝食に最適であるといえます。ブルーベリーを使用したスムージー、ヨーグルト、フルーツサラダなども栄養満点のデザートとして優れた効果が期待できます。

まとめ

まず、ブルーべリーには大変豊富に抗酸化物質が含まれています。この抗酸化物質は、脳への健康や、目の健康に優れた効果をもたらすと言われています。そして、食物繊維も豊富に含まれており、果物の中でも優れて多く食物繊維を含んでいます。この食物繊維が、腸の健康を守る為に効果的であると考えられています。そのほかにもビタミンやミネラルなど、様々な栄養素が豊富に含まれるブルーベリーを毎日のおやつとして生活に取り入れてみては、いかがでしょう。

Why Are Blueberries Good for You?


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。