ブルーベリージュースvsブルーベリー果実の栄養素の違い② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリージュースvsブルーベリー果実の栄養素の違い②

カテゴリー:
果物を摂取する際、ジュースとして飲むことはとても人気があり、フルーツジュースで健康を目指している方もいるかと思います。しかし、フルーツジュースを飲む際には気をつけないといけない、注意点がいくつかあります。今回は、健康効果の高いブルーベリージュースとして飲む時のポイント、そして果実との栄養素違いに注目します。

ブルーベリージュースvsブルーベリー果実

ジュースを飲む注意点

ブルーベリージュースを飲むことで、体内に摂取される糖質の量には少し問題があります。
ハーバード公衆衛生大学院によると、フルーツジュースには確かに栄養素を含みますが、しかし、フルーツジュースはお水やお茶コーヒーと比べ大変カロリーが高い為に、この類のジュースの摂取は制限すべきであります。
2010年のアメリカ人のための食事ガイドでは、加糖されていない100%のフルーツジュースを摂取し、1日の摂取量は175mlを超えないことと推奨しています。
フルーツジュースの嘘と本当
また、メイヨークリニックが発信する、健康情報サイトMayoClinic.orgでは、人々がよく誤解するブルーベリージュースやその他の野菜フルーツジュースの嘘と本当が詳しく説明されています。例えば、野菜フルーツジュースを支持する人がよく主張する、フルーツや野菜から食物繊維を取り除くことで、より早く栄養素が吸収されるということに関して、実際これは本当ではありません。また、ブルーベリージュースには、体内から毒素を取り除く効果は無いとしています。そして、果実のままのブルーベリーと比べ、1杯あたりのカロリーは非常に高いため、ダイエット効果も期待できないと言えます。

上手く果物を食べよう

アメリカ合衆国農務省が実施している食育キャンペーンChoose My Plateでは、活発な成人19~50歳の場合、1.5~2カップの果物を食べることを推奨しています。
効果的に栄養を得る為に様々な果物の中からどの果物を食べるべきか適切に選び、体重が気になる場合、ブルーベリージュースやフルーツジュースなどはたまに飲むご褒美としてとっておきましょう。非営利団体the Center for Science in the Public Interestによると、果物の中でもその高いビタミンC、食物繊維、カリウムの含有量、そしてカロリーが低いことから”シルバー・メダル”のランク付けがされています。栄養面では、グァバ、スイカグレープフルーツ、キウイフルーツ、パパイヤなどがブルーベリーよりも高く評価されています。

まとめ

この様に、ブルーベリージュースを含む、フルーツジュースには大きな問題点、糖質があります。フルーツジュースを摂取する際には、加糖されていない100%のものを選び、毎日飲むのではなくたまに飲む贅沢として捉えるのが良いかもしれません。

この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。