スマホのブルーライトの影響は睡眠にも? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

スマホのブルーライトの影響は睡眠にも?

カテゴリー:

 

ブルーライト(青色光)が体に良くないという噂を耳にしたことがある方、少なくないのではないでしょうか? 特にスマホが普及するようになってから、ブルーライトの睡眠などへの影響を懸念する声が大きくなってきたように感じられます。今回はその話題に触れてみようと思います。

スマホのブルーライトの影響は睡眠にも?

 

ブルーライトが危険な二つの理由

 

ブルーライトとは青色の光のことで、太陽光などの自然光から、PCやスマホ、LED等電子機器から発せられる人工光に至るまで、様々な光に含まれる光の成分のひとつです。ブルーライトの他にも赤や緑、黄色の光も勿論ありますが、特に青色の光だけがブルーライトと仰々しく表現され、話題となっている理由としては以下のような危険性が指摘されているからです。

ブルーライトが危険、有害とされる理由は二つ挙げられます。一つ目としてブルーライトは私たちが暮らす中で浴びる可能性がある光のうち、比較的エネルギーが高く(紫外線よりは弱い)、ダメージを与えやすいことが挙げられます。また、我々ヒトはブルーライトを含む光を浴びることで体内リズムを調節しているということが知られています。即ち朝や昼にブルーライトを浴びることで、睡眠を促す物質メラトニンの分泌が抑制され、私たちヒトの体は活動的になります。一方夜になって光を浴びなくなると逆にメラトニンの分泌が促進されて私たちの体は眠る準備をするのです。もしそのタイミングでブルーライトを多く浴びてしまったらせっかく体が眠る準備を行っているのを妨げてしまうことになります。これが二つ目の理由です。

ブルーライトの体への影響

 

ではブルーライトの体への影響を、どう考えたら良いのでしょうか。まず、日常生活において自然に浴びる程度であればブルーライトはほとんど問題ないと考えられます。ブルーライトにより網膜に障害を受けたという報告が幾つかされていますが、ブルーライトのみを発する強力なLEDをマウスの目に至近距離から何日間も連続で浴びせてようやく障害が見られるというレベルです。そのようなレベルでブルーライトを浴びる機会など私たち一般ではあり得ませんよね。

むしろ頭を覚醒し体内リズムを整えるため私たちは自然光(太陽光)の形でブルーライトを浴びたほうが良いと考えられています。また最近の研究では、子供時代にブルーライトを含む自然光を浴びると近視の進行を抑制する効果がある事も報告されています。東京の小学校において外へ出て積極的に光を浴びるような活動がされています。以上のように自然に浴びるようなブルーライトは全く問題ないと考えられます。

ただし、問題となるのは夜暗くなってからスマホやPCをいじることで浴びるブルーライトです。せっかく寝る準備を体が行っているのにそれを妨げてしまいます。またスマホやPCなどの人工物から発せられる光は自然光と違って、ブルーライト成分が映像表現の仕方などの事情によって不自然に強まっている事があります。特にスマホは手元に寄せ、目との距離が近くなるためにより危険性が高まると言えます。

 

ブルーライト対策

 

ではどのような対策を行ったら良いのでしょう。寝る数時間前にはヒトの体は寝る準備をはじめるとされています。よってそれを妨げないように夜はブルーライトを浴びないようにする工夫が必要です。夜にスマホやPCを全くいじるなというのは難しいので、ブルーライトカットする保護フィルムをスマホやPCのモニターに使用することが効果的です。

また、夜に部屋を暗くした状態で、スマホをいじる方もいるかもしれません。ヒトの目は周囲が暗くなると、より多くの光を取り込もうと瞳孔が開きます。その状態でブルーライトを目から浴びるのはとても危険なので、暗がりの中で全くブルーライト対策無しのスマホを使用するのはやめた方がよいでしょう。

さらに青色のLEDをイルミネーションなどで近くの距離から眺める機会があるかもしれませんが、なるべく至近距離から覗かないようにしたほうが良いと思います。

まとめ

自然に浴びるような太陽光などに含まれるブルーライトは全く問題なく、むしろ浴びる方が健康に良いと考えられています。一方で、スマホやPC、LED等の人工物から発せらせるブルーライトには注意が必要です。特にスマホは至近距離からブルーライトを浴びることになりますので、目からブルーライトを大量に浴びることのないように光源を避けるか、ブルーライトカット保護フィルムを使用するなど対策をすると良いでしょう。

 

【執筆】薬剤師:Y.FUKUDA

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る