ブルーベリーの食物繊維とポリフェノールで腸内改善 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーの食物繊維とポリフェノールで腸内改善

カテゴリー:

ブルーベリーには豊富に抗酸化物質とビタミンが含まれています。この抗酸化成分には、脳の働きを活性化させアルツハイマー病にも効果があるとされています。また抗酸化成分アントシアニンは脳や目の機能を改善させるとして、よく知られています。今回はこのブルーベリーが持つポリフェノールによる抗酸化作用とブルーベリーの皮に多く含まれる食物繊維による、腸内改善についてご紹介します。

ブルーベリーと腸の関係

しかし、最近の研究では、ブルーベリーに含まれる食物繊維もまた重要であり、潰瘍性大腸炎などの腸炎から体を守り症状を軽減させる働きがあるとされています。また、このブルーベリーの体を守る効果は、プロバイオティクス(善玉菌)とともに摂取することでより大きな効果を得られるそうです

ブルーベリーは、 抗菌効果・ 抗酸化効果を持つポリフェノールを豊富に含む果物です。このブルーベリーとプロバイオティクスのコンビネーションは、腸内で生じる炎症を引き起こす細菌を抑制し、同時に健康を促すラクトバチルスの数を増加させます。

ブルーベリーの小さな見た目とは裏腹に、ブルーベリーには様々な栄養素がぎゅっと詰まっています。ブルーベリーの皮に着目した研究では、ブルーベリーの皮と”ライ麦のふすま”や”オーツ麦のふすま”を比べ、ブルーベリーの皮が含む食物繊維は腸の健康に対して最も栄養成分が高いことが明らかになっています。我々の体は1000カロリーの消費に対し、50gの食物繊維が必要であるために、この結果はいかにブルーベリーが健康に優れた食品であるかがわかります。ブルーベリーには可溶性、不溶性繊維が共に含まれています。そしてこれらの繊維は、下痢便秘を解消するとしてよく知られています。加えて、ブルーベリーには可溶性繊維であり、コレステロールを下げるペクチンが豊富に含まれています。

なぜブルーベリーが腸の健康を守るのか

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、大きな健康被害をもたらすともされる自己免疫疾患です。腸内で炎症を起こし、腹部けいれん、血の混じった下痢、体重の減少など重大な健康障害を引き起こすとされています。

この類の疾患に対しての、ブルーベリーの効果は大きく2つあります。まずは、ブルーベリーが豊富に含むポリフェノールには、抗菌効果・抗酸化効果が共に含まれています。この効果がプロバイオティクスと合わさることで、炎症を引き起こす細菌を減らすだけでなく、同時に健康に優しい体に良いとされる細菌を増加させる働きがあります。次にブルーベリーが含む食物繊維は、大腸で大きく退化しません。ゆえに、腸内で炎症を起こす可能性のある物質が腸に接触する代わりに、ブルーベリーの食物繊維に埋め込まれ、炎症を起こさずに体外へと排出されます。

まとめ

ブルーベリーの皮には、穀物のふすまにも劣らぬ食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維が下痢や便秘などを解消するということです。またブルーベリーには抗酸化成分である、ポリフェノールが豊富に含まれているため、炎症を抑制する効果があります。潰瘍性大腸炎などの腸に関する病気に悩まされている方、ブルーベリーと共にプロバイオティクスを摂取することで症状の改善が期待できるかもしれません。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

Blueberries Can Help Counteract Intestinal Diseases


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。