ブルーベリーとビルベリーの違いは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーとビルベリーの違いは?

カテゴリー:

ブルーベリー

ブルーベリーは、今や日本人にとりましては、なじみ深い果物となっております。70歳を過ぎた私の父でさえブルーベリーくらいは知っています。しかし、最近よく耳にするビルベリーって何?ブルーベリーとの違いはあるの?というわけで調べてみることにしました。

ブルーベリーとは?

ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の低木性果樹になります。栽培品種の成木の樹高は1.5~3mになります。果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリー(blueberry)と呼ばれています。花は春に咲かせます。釣鐘状の白くて可愛らしい花を咲かせます。花の後で0.5~1.5cmほどの青紫色の小さな果実ができます。そう!これがあのお馴染みのブルーベリーなのです。

 

ブルーベリーの仲間は、北半球の各地に自生しているそうです。日本には、クロマメノキ(浅間ベリー)、ナツハゼ、クロウスゴ、シャシャンボなどのブルーベリーの仲間が自生しています。アメリカのブルーベリー自生地には、多くの野生種やブルーベリーに近似種のスノキ属植物が自生しています。

ブルーベリーの種類には大きく分けて、自生している野生ブルーベリーと、品種改良されている栽培ブルーベリーの2つがあります。野生ブルーベリーとして有名なものは北欧のスカンジナビア半島から北ヨーロッパにかけて広く自生しているビルベリー(フィンランド、スウェーデン、ノルウェーなど)と、北米に自生しているローブッシュブルーベリーです。栽培ブルーベリーの主要なものとしては、ハイブッシュブルーベリーやラビットアイブルーベリーなどになります。

 

※ビルベリーの特徴

ビルベリーは高さが20cm~60cmの低木で、ブルーベリーと比較するとかなり濃い青紫色の果実を実らせます。これはビルベリーには青紫色の色素であるアントシアニンが実の中心までたっぷり含まれているからです。

歴史

アメリカの先住民の間では、古くから年間を通してブルーベリーが食べられていました。天日干しにしたブルーベリーをスープやシチューや肉料理に加えたり、肉の防腐剤として乾燥させた果実をつぶした粉末を利用していたようです。そして、ブルーベリーの葉や根も医療目的としても使われていたようですね。これら先住民の伝統的な利用方法は、現代にも伝えられています。

また、ヨーロッパ人の間では、ビルベリーと呼ばれるブルーベリーを医療目的に利用していたようです。妊娠中の女性に、ビルベリーの根を煎じたお茶を飲ませることにより、リラックス効果を促したり、また咳止めとしてシロップにしたビルベリーを利用していた様ですね。

なお、日本へ渡ってきたのは戦後間もない頃で、始めてブルーベリーが栽培されたのは1951年だそうです。1968年には東京都小平市に、日本で最初のブルーベリー農園が作られました。2000年代入り、健康ブームがきっかけで、ブルーベリーの人気が高まり、認知されるようになったようです。東京都小平市、山梨県北杜市、茨城県つくば市が、日本の三大ブルーベリー栽培地とされています。

そして、日本でブルーベリーを広めたのは、当時、東京農工大教授だった岩垣駛夫氏で、その功績から日本のブルーベリーの父と呼ばれているのだそうです。ブルーベリー

産地

ブルーベリーの産地は、日本、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、カナダなどです。

ビルベリーの産地は、フィンランドやスウェーデン、ノルウェーといった年間の日照時間が長い北欧の国々が産地となっています。日照時間がビルベリーとブルーベリーの成分の違いに関係しているようです。(詳細は、~ブルーベリーとベルベリーの成分の違いは?~)

~自家栽培もOKです~

ブルーベリーは、栽培もしやすくガーデニングにも向いているそうです。狭いスペースでも栽培ができて半日陰の環境でも生育可能らしいです。春に咲く白い花も可愛くて秋には紅葉もするそうです。また、苗から育てて3年目には収穫できるとのことです。品種により、環境の適性も違うようなのでお住いの地域で販売されている品種ならば大丈夫だと思います。北アメリカの野生種から多くの品種が作出されているらしく、野生種を改良してまだ間もないのでブルーベリーは強いそうです。病害虫は、ほとんどつかないらしく無農薬栽培も可能だそうです。

まとめ

ブルーベリーとビルベリーの差は、やはりあるようですね!この続きは、別記事でお話ししたいと思います。成分の違いや効果や効能をみていきたいと思っています。

因みに・・・ 今、頭の中ををめぐっていること。園芸が大好きなのでブルーベリーを育ててみたいな〜とか、生のブルーベリーがたっぷりと入ったデザートが食べたいな〜とか・・・ ブルーベリーで楽しむことばかりの私です(笑)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。