ブルーベリーのアントシアニンは脳の働きや記憶に良い効果がある | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーのアントシアニンは脳の働きや記憶に良い効果がある

カテゴリー:

ブルーベリー

ブルーベリーに健康や美容に良い効果があることはこれまでにもお話してきましたが、高齢者の脳の働き記憶にも良い効果があることがわかりました。

 ブルーベリーの記憶への効果

今回行われたエクセター大学の調査でブルーベリージュースを毎日飲んでいた65歳以上の高齢者は、飲んでいなかったグループに比べて認知機能が優れているという結果が示されました(Joanna et al. , 2017)。今回の研究では、3か月の間、毎日30mlの濃厚ブルーベリージュースを摂取したグループとプラセボ(偽薬)を飲んだグループを調査しました。387mgのアントシアニンを含むブルーベリージュースを毎日摂取したブルーベリー摂取グループ(女性5名、男性7名、67.5±3.0歳、BMI 25.9±3.3kg.m-2)とプラセボグループ(女性8名、男性6名、69.0歳)に分けられ、摂取前後の機能的磁気共鳴画像(fMRI)、1.5T MRI検査、認知機能テスト、数値ストロープ試験、定量的休止脳灌流が動脈スピン標識(ASL)技術を用いた測定、炎症および血液バイオマーカー、酸化ストレス測定などの検査が行われました。その結果すべての結果においてブルーベリー摂取グループに良い兆候が見られ、前胸腺、前部帯状疱疹、および鼻炎/視床の検査にも良い結果が示されました(p <0.001)。ブルーベリー摂取グループに脳活動の有意な改善効果があることが明らかとなりました(5.0±1.8対-2.9±2.4%、p = 0.013)。

ブルーベリーに含まれるアントシアニン

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには記憶に良い効果があることがわかっています。アントシアニンは、ポリフェノールの一つでブルーベリーの色素の素となる成分です。アントシアニンは、植物が外部の刺激から自らを守るために作られる成分で、その強い抗酸化力が人のアンチエイジングにも良い働きがあり、脳の老化も防ぐと考えられました。さらにブルーベリーのアントシアニンは中枢神経系に働きかける機能があるので、直接的な効果があります。これまでいくつかの研究で、ブルーベリーエキスを摂取させたラットに老化で起こる脳神経機能障害に改善効果があったことが報告されています(Goyarzu P. et al., 2004; Goyarzu P. et al., 2004) 。このメカニズムは、老化に伴う脳の高次機能低下には酸化ストレスが関与しているのですが、その酸化ストレスにブルーベリーのアントシアニンが良い効果があるために起こると考えられています。さらに別の研究では、脳梗塞の虚血・再灌流、カイニン酸の投与治療による神経細胞障害や記憶学習障害にもブルーベリーのアントシアニンが良い効果があるということもわかっています(Wang Y. et al., 2005; Duffy K.B. et al., 2008) 。アルツハイマーにも良い効果があったということがマウス実験で実証されました(Joseph J.A. et al., 2003)。アルツハイマー病の原因となる老人斑の主要構成分であるβ-アミロイドタンパクの抑制効果があることも確認されました(Takeshita M. et al., 2009)。

 まとめ

このような結果を見る限り、ブルーベリーのアントシアニンの脳の働きへの効果はかなり確信に近いようです。まだ高齢ではなくとも早いうちから飲み始めておけば脳の機能を良くしたり、将来の起こりうる脳障害や疾病のリスクを少しでも軽減できるかもしれません。

(文責:宮本燈)

参考文献

Joanna L. Bowtell, Mrs. Zainie Aboo-Bakkar, Prof. Myra Conway, Dr. Anna-Lynne R. Adlam, Dr. Jonathan Fulford, Enhanced task related brain activation and resting perfusion in healthy older adults after chronic blueberry supplementation, Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 10.1139/apnm-2016-0550 (doi: 10.1139/apnm-2016-0550) (e-First Article, Published on the web 01 March 2017)

Goyarzu P. et al. (2004) Blueberry supplemented diet: effects on object recognition memory and nuclear factor-kappa B levels in aged rats. Nutr. Neurosci. 7(2):75-83.

Rivera C. et al. (2006) The effects of antioxidants in the senescent auditory cortex. Neurobiol. Aging 27(7):1035-1044.

Wang Y. et al. (2005) Dietary supplementation with blueberries, spinach, or spirulina reduces ischemic brain damage. Exp. Neurol. 193(1):75-84.

Duffy K.B. et al. (2008) A blueberry-enriched diet provides cellular protection against oxidative stress and reduces a kainate-induced learning impairment in rats. Neurobiol. Aging 29(11):1680-1689.

Joseph J.A. et al. (2003) Blueberry supplementation enhances signaling and prevents behavioral deficits in an Alzheimer disease model. Nutr. Neurosci. 6(3):153-162.

Takeshita M. et al. (2009) Proanthocyanidin from blueberry leaves suppresses expression of subgenomic hepatitis C virus RNA. J. Biol. Chem. 284(32):21165-21176

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。