ブルーベリーティーの健康効果① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ブルーベリーティーの健康効果①

カテゴリー:

ブルーベリーティーは、ブルーベリーの乾燥した葉から作られます。ほのかに青々とした味がするのが特徴で、ブルーベリー特有の濃い紫色、そしてフルーティーさと甘みを出すために、ドライブルーベリーが加えられたものもあります。ブルーベリーの葉には豊富に抗酸化物質が含まれており、脂肪を減少させ、C型肝炎ウイルスから体を守るなど、抗酸化物質は様々な健康効果を持ち合わせています。この記事では2回に分け、ブルーベリーティー健康効果とその飲み方をご紹介します。

ブルーベリーティーの健康効果

ブルーベリーは抗酸化成分ポリフェノールをはじめとし、ビタミンやミネラルそして食物繊維を豊富に含みます。その健康効果は有名なものは目への効果、そしてあまり知られていませんがアルツハイマー病への効果や、腸内環境をサポートするなどの健康効果も持ち合わせています。今回はその中でもブルーベリーティーの効果についてご紹介します。

  • 抗酸化作用
  • 糖尿病のリスクを下げる

神経変性疾患とポリフェノール

ブルーベリーの葉には豊富に天然の抗酸化物質である、ポリフェノールが含まれています。

自生している自然のブルーベリーでなくても、産業目的で生産されたものでも、ブルーベリーの葉が持つ抗酸化物質の量は非常に高いことが、2009年に発行されたJournal of Medicinal Food紙で記されています。また2013年に同紙で発表された研究では、ブルーベリーティーに含まれる抗酸化物質は、脳の機能低下精神障害など神経変性疾患の生理学的症状の治療を助ける高い可能性を持つことが明らかになっています。

糖尿病のリスクを低下

ブルーベリーティーが含む成分は、葉と果実共にアントシアニンを含みます。アントシアニンは、ブルーベリーなど色の濃い果物によく含まれる抗酸化成分です。水溶性であるためブルーベリーティーに溶け出し、ブルーベリーティーを飲むことで健康効果が期待できます。2012年に発行されたAmerican Journal of Clinical Nutriton紙では、サプリメントやアントシアニンを豊富に含むブルーベリーなどの食品を食べることで、アントシアニンの摂取量を増やした結果、女性と男性共に2型糖尿病のリスク減少が実験で明らかにされました。

まとめ

 ブルーベリーには様々な健康成分が含まれています。今回は、ブルーベリーティーが持つ健康への効果について注目しました。ブルーベリーティーには、ブルーベリーの果実と同様に天然のポリフェノールを含み、神経変性疾患の生理学的症状に効果的であるそうです。また近年患者数の増加が心配されており、現在日本で約316万人がわずらわっているとされる糖尿病へのリスク低下が期待されています。ブルーベリーは抽出エキスをサプリメント化したもの、冷凍されたものや、乾燥されたドライフルーツとして、また生のものなど様々ありますが、栄養素や食事に取り入れやすいものを選ぶと良いでしょう。

Blueberry Tea Benefits


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。