初めての挑戦~ボルダリングとは?服装は?シューズは?初心者の質問に答えます! | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

初めての挑戦~ボルダリングとは?服装は?シューズは?初心者の質問に答えます!

カテゴリー:

ボルダリング

2020年東京オリンピックの正式種目スポーツクライミングの1種目のボルダリング。最近では、おじゃMAP!などのテレビ番組でも取り上げられ、興味のある方も増えています。そこでボルダリングとはどんなスポーツなのか?必要な服装シューズは?初心者や初めての方にありがちな疑問質問にお答えします。

ボルダリングとは

ボルダリングの語源は「Boulder」で、丸い大きな石や巨礫を意味します。5m以下の壁をロープなどの安全のための確保用具を使用せずに、自分の手足体だけで登るフリークライミングです。ホールドと呼ばれるカラフルな石が壁面に配置されています。ホールドの色によって登って行くコースが作られています。床には30cmほどの厚みのあるマットが敷かれています。人気に伴なってボルダリングの屋内ジムは各地に増えています。

 

ボルダリングもジムも初めて。何からすれば良い?

1.まずは自分が行きやすいジムを探してみましょう。次のサイトで全国のボルダリングジムが検索できます。

http://bouldering-log.com/search/

2.ボルダリング初心者やそこのジムを初めて利用する方向けに施設案内、利用方法、危険についての説明などきちんとしてくれるジムが安心です。

3.初心者体験会があれば参加してみましょう。スタッフに気になることを確認しながら登り方やコツを教えてもらえます。ジムによって費用は異なりますので確認して下さい。

 

ボルダリングをする服装は?

動きやすい服装だけあればOKです。

上はTシャツなどで大丈夫です。ズボンはジーンズやチノパンなど膝に引っかかるタイプのものは避けます。足を上げる、広げるといった動作が多いのでストレッチ性のあるものがおすすめです。スウェットパンツやジョガーパンツなどが良いでしょう。クライミング用のウェアを取り扱っているジムもありますので参考にすると良いですね。

 

ボルダリング用のシューズは必要?

クライミングシューズは必要ですが、ジムでレンタルができます。ソックスは持参して行きましょう。

 

ボルダリングは女性一人でも大丈夫?

1.最近は女性のスタッフやクライマーが男性と同じようにいますので心配することはありません。

2.筋力や運動にあまり自信が持てない方でも初心者のコースから自分のペースで進めていくことができます。

3.レディースデーや学生割引き、シニア割引きをしているジムが多くあります。

 

ボルダリングは子供もできる?

 

ボルダリング

1.ほとんどのジムで子供の利用が可能です。ジムによって以下のような違いがありますのでジムに確認してみましょう。

年齢:未就学児からOK、小学生からOK、小学生以下は親同伴、小学生以下は親もクライマーでなければいけない等。

設備:駐車場設備が有る、キッズ専用壁が有る、キッズ向け用具レンタルが有る、シューズサイズが20cm以下の場合は上履きを持参する等。

体験:1回~数回の体験が可能です。お子さんやジムの様子を見てから入会を決めると良いですね。

2.スクールとして子供にボルダリング指導を行っているジムが増えています。年齢や熟度によってクラス分けがされていたり、本格的に選手として育成を行うクラスもあります。

3.初心者の子供を対象にしたキッズボルダリング大会が行われることもあります。参加、見学してみるのも良いですね。

 

ボルダリングで筋肉がつく?ダイエットができる?

全身の筋肉を使う全身運動です。初心者が徐々にレベルアップしていくことで、そのレベルを登るために必要な筋肉、体幹が無理なく鍛えられ、基礎代謝がアップします。引き締まったボディメイクができるということで、健康的なダイエットのためにボルダリングをしている方が多くいます。登ることで全身の筋トレをしていることになります。

ボルダリング

 

ボルダリングの魅力は?

1.体一つで始められることです。レンタルを上手に利用しましょう。

2.一つ一つ形が違うホールドと、初心者用から超難関まであるコースパターンで、飽きずに楽しむことができます。

3.頭脳を使います。どのコース取りで登っていくのかを探す思考力、判断力、集中力が養われる知的なスポーツです。幼児教育としてボルダリングを取り入れている家庭もあります。

 

まとめ

ボルダリングはまだまだこれから人気が広まっていくスポーツです。老若男女問わずに自分のペースで始めることができ、健康効果も期待できそうです。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る