カフェインの副作用と目安摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カフェインの副作用と目安摂取量

カテゴリー:

カフェインは体に悪いものなのでしょうか?近年では、カフェインが持つ代謝を上げる効果が、ダイエットに有効であると注目されています。この記事では、カフェインの代謝を改善し、ダイエットをサポートする効果、そしてカフェイン副作用目安摂取量に関する報告調べてみました。

カフェインを摂取する際の注意点

ディカフェやノンカフェイン飲料がブームになりましたが、対照的に近年ではカフェインがもつ様々な健康効果が報告されています。例えばコーヒーの場合、ポリフェノールなどを始めとするたくさんの抗酸化物質が含まれているだけでなく、ビタミンやミネラルも多く含んでいます。しかしカフェインの効果を、より一層確かに得るためには、摂取量に注意が必要です。過剰摂取に注意し、また不眠症を防ぎ、カフェインの気分を向上させる効果を利用するためにも朝摂取すると良いそうです。

カフェインの副作用

カフェインは元気を出したいときや、エネルギーが必要な時に効果的です。しかし同時に、副作用に注意が必要です。

2011年のFrontiers in Neuroscience紙でのカフェインに対する研究評価では、カフェインの摂取、特に1日300mg以上摂取する場合、学習障害、不安症、パニック障害や幻覚などの健康障害を引き起こす可能性があること指摘しています。またカフェインは依存性のある物質であります。この研究評価を書き下ろした筆者はまた、日常的に摂取していたカフェインを、一切摂取しないようにしたところ、疲労感やうつ病の症状のような禁断症状を経験したという人がいることにも言及しています。

目安摂取量

もし生活にカフェインを取り入れる場合、医師や専門家に相談することが推奨されています。もし医師がカフェインの摂取が生活に適しているという場合でも、目安量を守りカフェインを摂取するようにしましょう。

TeensHealth紙では、成人の場合1日300mg以下、そして未成年の場合1日100mg以下のカフェインの摂取が安全であると提言されています。しかし、2011年のFrontiers in Neuroscience紙が掲載したレビューでは、300mgのカフェイン摂取は緊張や不安を増加させる恐れがあるとし、また300mg以上カフェインを摂取した場合、幻覚におそわれるリスクを高めると報告しています。

8オンスカップ1杯(約240ml、一般的なコーヒーショップのSサイズ)のコーヒーには約80~135mgのカフェインが含まれています。そして同量、8オンスの緑茶には15mgのカフェインが含まれています。(ウタ州立大学による研究結果)

まとめ

カフェインを摂取する目的を明確にし、効果的に摂取するようにしましょう。例え水でも、過剰に摂取した場合体に逆効果をもたらす可能性があるとも言われています。ですから、カフェインを摂取する際にも、過剰摂取に注意し、依存性がある物質である事を認識しながら、健康効果を得るために楽しみながら摂取できるのが理想です。カフェインが持つ高いダイエット効果は様々な研究で明らかにされており、カフェインが持つ健康成分に対する将来のさらなる研究に期待されています。

Does Caffeine Increase Your Metabolism?

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る