子供に良いカルシウム豊富な食材 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子供に良いカルシウム豊富な食材

カテゴリー:

牛乳などカルシウム豊富な食材は、成長著しい子供にとって必要不可欠です。しかし、お子様は偏食だったり小食だったりでなかなか食べてくれません。そこでお子様に栄養たっぷりの食材を食べさせる方法についてお教えいたします。

偏食の多い子供

子供の成長を助ける働きを持つカルシウムですが、カルシウムを含む食材を食べてほしいと思っても好き嫌いや偏食、少食などの理由からなかなか食べてもらえないという悩みを持つ親御さんは多くいらっしゃいます。

牛乳やチーズ類が苦手だというお子様も多く、給食に出ても飲み切れないという話もよく耳にします。私も小学生だったころは、学校に冷凍設備が整っておらず生温い牛乳を飲むのがとても苦手でした。

牛乳が飲めないという場合には、ココアやミルメークなど甘い味付けをすると飲みやすくなります。ただし虫歯になりやすいので、6歳までのお子様には牛乳ビン1/2本までにしておくことをおすすめします。だんだんココアの量を少なくしていき、牛乳だけで飲めるようになればOKです。あるいはケーキやクリームなど料理するパターンもありますが、これも同様に甘いのでそれほど多量に食べさせないようにしてください。私も6歳までは食べた記憶がありません。

豆腐やひじきといった固形食材が苦手な場合は、形を変えて出すのがいいでしょう。豆腐ハンバーグが有名ですが、豆腐は粘体状まで細かく出来ますので様々な料理に使えます。ひじきも細かく刻んで入れることができます。

ただし注意していただきたいのは、調理しているところをお子様に見られないように気を付けてください。4歳くらいになると、知恵がつき始めて親御さんがこっそり苦手な食べ物を混ぜようとすることに気づきかねません。一度キッチンで嫌いな食べ物をバレないように混ぜていることが分かってしまうと、警戒心を強めてしまいなかなか食べ物を食べてくれなくなります。さらには親に対する不信感まで芽生えかねません。これは私が実際に経験した話です。

これを防ぐには、調理していると悟られないよう誰かがお子様と遊んでおくなどするのがベターです。そもそも調理しているところを意識させないようにして、バレないようにしましょう。

不妊

アレルギーはどうするの?

牛乳などカルシウムを豊富に含む食材でアレルギーのある方はさほど多くありませんが、昨今では何らかの食材にアレルギーを持つお子様は100人中20~30人ほどいらっしゃいます。アレルギーの原因については明確な原因が特定されていませんが、排気ガスによる環境汚染の弊害という説や流通している加工食品に含まれる食品添加物が母体や精子に何らかの影響を与えているという説などあります。いずれにせよ40年ほど昔からアレルギーを持つお子様がじわじわ増え続けているのは確かです。

アレルギーのある食材については、絶対に食べさせないように気をつけてください。できれば家のキッチンでも使わないようにすることをお勧めします。何故なら食材をそのまま使っていなくても、以前調理した器具に残っていた成分などからアレルギーを起こすこともあるからです。正直面倒でしょうが、お子様からすると死活問題とも言えますので気を付けてください。

もっとも、アレルギーについては成長するにつれて症状が軽快に向かうこともあります。小さかった頃には食べられなかった食材が食べられるようになったときは感動ものです。成長するにつれて、アレルギー症状を起こす刺激物質の分泌が抑制できるようになるからだと言われていますが、これもまた明確には判明していません。「今は食べられなくても大きくなったら食べられるようになるよ」と言ってあげるのもいいでしょう。

関連記事:『1日に必要なカルシウムの摂取量』

子供


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。