効果と効能豊かなカルシウム | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

効果と効能豊かなカルシウム

カテゴリー:

カルシウムは健康に良い効果効能を多く含んでいます。しかし、現代の食生活ではカルシウムの吸収が阻害されがちで、せっかく摂取しても効果が発揮しづらくなっています。その理由を見ていきましょう。

カルシウムの身体に良い効能

カルシウムは牛乳や小魚などの食材に含まれている体を作るのに必要な栄養素です。体内では99%が骨や歯に含まれており、残りの1%は血液中に存在しています。体を支える骨を強くしたり、筋肉や神経の働きをサポートしています。一日に必要なカルシウムはおよそ600mgとされていますが、日本人の多くはこの量を摂りきれていないのが現状です。牛乳を毎朝飲んだり、小魚を間食に食べると補うことができます。

体内でカルシウムはどのように吸収されるのか

口から入ったカルシウムはまず吸収されやすいよう胃で溶かされます。そのあとにビタミンDの作用により小腸で血液に入って吸収されます。そして骨や神経など全身の器官に運ばれていくのです。

このときリン酸など食品添加物が体内に多く残留していると、カルシウムの吸収が妨げられてしまいます。最近ではコンビニ弁当や加工食品にかなり多く含まれていますので、注意が必要です。

血液を流れるカルシウムは、出血を塞いだり筋肉を動かしやすくするようサポートします。また体内からカルシウムが欠乏したときは、骨からカルシウムが溶け出して血液中のカルシウム濃度を上昇させます。ただし、この作用は高血圧の原因にもなると言われていますので、できる限りカルシウムが不足しないよう心がけることが必要です。

カルシウムが欠乏すると

カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出して血中のカルシウム濃度が上昇しますが、これは全身の不調を及ぼします。

骨粗しょう症のリスクが増す

まず骨からカルシウムが抜けることで、骨がもろくなります。また年配の女性の場合は更年期障害と合わせてよりリスクが増大するうえに、関節症などにもなりやすくなります。

なんだか落ち着かなくなる

カルシウムは精神の安定にも関わっています。カルシウムや糖分が切れると、わけもなくイライラしやすくなったことはありませんか?このようなときは牛乳を飲んだり甘い物を食べたりすると瞬時に回復するのが特徴です。

逆に過剰になると

カルシウムは日本人は不足しがちであるため、過剰症が確認されることはあまりありません。しかし、サプリメントを使いすぎたりすると過剰症になることもあります。軽度であれば吐き気や下痢などの症状が現れますが、重症化すると腎結石を引き起こします。摂りすぎたカルシウムが腎臓で固まりとなり、腎杯や尿管などに引っかかってしまう症状です。

これだけ聞くと大したことのない病気のように思えますが、激痛を伴う厄介な病気です。腎結石を発病すると、脇腹がひどくつつかれているかのような痛みに襲われます。病院で対処するまでこの状態が続きます。まれに痛みがなくなることもありますが、その場合は尿路に引っかかっているだけで放置しておくと腎臓にダメージが及ぶこともありますのでむしろ危険です。何ともないように感じられても、必ず泌尿器科を受診しましょう。

カルシウムの吸収を阻害する食品

カルシウムを含むミネラルは、他のミネラルが過剰になると吸収が妨げられます。本来食品添加物によく使われるリンも体に必要なミネラルなのですが、現代の食生活では過剰にとる傾向が強いため問題になっています。コンビニ弁当の調整剤や加工食品の凝固剤、果ては清涼飲料水までにも入っていますので、明らかに過剰摂取です。リン以外にも脂の使いすぎや砂糖の入れ過ぎなどの問題もあります。

【補足】食品添加物ってどれくらい危険なの?

皆さんが漫然と食べている加工食品ですが、一部ではかなりの危険性がささやかれています。一応国の認可を得ているものばかりですが、健康を意識した食生活を送るうえでは気を付けなくてはなりません。

例えばコンビニ弁当。どこでも売られている食品であり、24時間購入が可能であることから多くの方に食べられています。しかし、成分表示を見てみると非常に多くの食品添加物が使われています。ソルビン酸や次亜塩素酸ナトリウムなどは耳慣れなくても、赤色102号や水酸化カルシウムは何となく分かりませんか?

ソルビン酸は主にソーセージなどの加工された肉類に使われており、保存料として記されることが多いです。食材の腐敗を防止して、細菌やカビは繁殖するのを防ぎます。自然の体外に排出されることなどから危険性はいうほどのことでもないと言われていますが、臓器へのダメージや発育障害をもたらすおそれがあります。

次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)は殺菌目的で使われる添加物です。次亜塩素酸ソーダとも呼ばれます。水道水に含まれる塩素の仲間であることから危険性は低いとも言われていますが、濃度は100倍以上濃いことから人体への危険がささやかれています。

赤色102号は、駄菓子屋に通っていたことのある方ならご存知ではないでしょうか。赤色をしているお菓子や飲み物にはほとんど入っていました。アレルギーを起こす可能性がある程度とされていますが、致死量も定められているためやはり推奨できません。現代でもスーパーのお菓子にもよく使われています。

水酸化カルシウムはひと昔前から使われてきました。こんにゃくなどを固める薬として使用されています。食品に含まれている程度であれば問題とされています。もっともそれ自体は強いアルカリ性物質であるため、高濃度の状態で直接触れるのは危険です。

食品の加工や保存の都合から使用されていますが、健康面からすると疑問点が多く残ります。まぁベーキングパウダーに含まれる重曹なども食品添加物といえなくもないので、本当に添加物を一切取らないようにするなら完全に隠居生活のような食事になるのでしょうが・・・。問題は付き合い方なのでしょうか。

弁当には脂を使いすぎている

コンビニ弁当以外にも工場で作っている弁当には注意が必要です。人間の舌はカロリーのあるものを美味しいと感じる仕組みになっていますので、仕上げに脂をピピッとかけているところがほとんどです。そのため、栄養量に比してカロリーが高くなりがちです。また野菜も中国産などであれば栄養があまり多くないことがあるので注意しましょう。

清涼飲料水には砂糖が入りすぎている

味覚障害のテストで砂糖と塩が入っている水を判別するものが有名ですが、分からない人がかなり多いように思います。「甘いのとしょっぱいのを間違えるわけない」とお思いかもですが、個人的経験では間違える人ばかりでした。3割ほどの人間が誤答しています。

亜鉛の不足などで味覚障害になることもありますが、他の原因として日ごろの飲み物から味覚がズレていることも指摘されています。巷で売られている清涼飲料水は砂糖が入りすぎです。わずか500mlの飲み物でも、角砂糖10個以上の糖分が含まれているのはザラにあります。明らかに過剰摂取です。現代では砂糖が安価に手に入り、それぐらい入れないと甘みが出ないというのは分かりますが、いくら何でも多すぎです・・・。

「ゼロカロリーなら大丈夫では?」と思う方もいますでしょう。しかし、そういった飲み物は甘味料などで甘みを付けています。その上砂糖も入っていないのに甘いというのは妙でしょう。

まとめ

カルシウムは効果豊かな栄養素ですが、吸収が阻害されてしまっては意味がありません。日ごろの食生活を見直して、健康的な生活を送りましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。