脳にも良い効果を発揮するカルシウム | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

脳にも良い効果を発揮するカルシウム

カテゴリー:

カルシウムにはに作用してイライラを解消する効果があります。無性に落ち着かなくなるのは、もしかしてカルシウム不足が原因かもしれません。効率良くカルシウムを摂取する方法を学んで役立てていきましょう。

カルシウムを吸収するには

カルシウム豊富な食べ物を食べる

牛乳やそれを使ったチーズなどの乳製品にはカルシウムが豊富に含まれています。これらの食べ物はスーパーやコンビニなどどこでも買うことができ、そのまま食べたりちょっと振りかけるだけでアクセントになるなど非常に食べやすいのが便利な点です。

他にもワカメやひじきなどの海藻類にも多いです。味噌汁の具にしたり、和え物にして副菜にすると栄養バランスが良くなります。

カルシウムの多い食べ物は、調理の手間が少なく食べやすいものが多いので、摂取するのはかなりお手軽です。しかし、ただそれらを食べるだけではカルシウムを取り入れることはできません。他に気を付けるべきことについて見ていきましょう。

日光を浴びる

実はカルシウムはただ食べるだけでなく、体内で作られるビタミンDがないと吸収することができません。ビタミンDは紫外線を浴びることで、身体の中で生成されて活性化します。そのため、カルシウムを吸収するには外に出て日光浴する必要があるのです。

ジョギングやランニング、あるいはサイクリングといった運動をすれば十分な量のビタミンDを生み出すことができます。身体を動かさなくとも、テラスで読書するといった方法もあります。

炭水化物を食べる

食べ物に含まれるカルシウムは、通常20~30%ほどしか体内に吸収されません。しかし、炭水化物と合わせて食べると吸収効率が向上するのです。

お茶づけやうどんなど手軽に作れるものからだと、とても食べやすいです。しかし、糖質が多いので食べ過ぎには注意しましょう。

骨や脳の健康に役立つカルシウム

骨粗しょう症を防ぐ

カルシウムはそのほとんどが骨に存在していますが、わずかに血液にも含まれています。骨を支える働きが有名ですが、カルシウムは血液の凝固など重要な生理作用に関わっており、カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出して血中のカルシウムを補おうとします。これが長く続くとやがて骨がスカスカになっていき骨粗しょう症となってしまうのです。

イライラを抑える

カルシウムは脳や神経にも作用する栄養素であり、不足するとイライラしやすくなったり無性に落ち着かなくなったりすると言われています。カルシウム不足によるイライラは、牛乳を飲むなどすればすぐ回復しますので、コンビニなどで買って飲むようにしましょう。

どれくらい摂ればいいのか

カルシウムは一日におよそ650mg必要とされています。しかし、実際には490~520mgほどしか摂取されていないため、意識的に摂らなければなりません。

牛乳や海藻類を継続的にとることができればいいですが、必ずしも手間やコストの面から現実的とは言えません。サプリメントなどの健康補助食品を普段の食事と合わせて摂取量を上げていくのがリアルな方法です。

特にサプリメントはこんな方におすすめ

ダイエット

食事管理をしていると栄養不足になりがちですので、そんなときに使えるのが健康補助食品であるサプリメントです。ほぼゼロカロリーで豊富な栄養素を摂取できますので、ダイエットにうってつけです。

乳製品にアレルギーがある

牛乳が体質上合わないと、チーズやヨーグルトといった乳製品も食べることができませんので、カルシウムを継続的に摂取するのはかなり難しくなります。しかし、サプリメントならばその問題を解決できますので、牛乳アレルギーのある方でも安心して使うことができます。

普段の食事と合わせてサプリメントを利用して、不足しがちな栄養素を補っていきましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。