カルシウムとマグネシウムを吸収する食品とは | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カルシウムとマグネシウムを吸収する食品とは

カテゴリー:

カルシウムマグネシウムと合わせてとることで、吸収しやすくなる性質を持っています。カルシウムマグネシウムを効率よく摂取できる食品について見ていき、健康に役立てていきましょう。

カルシウムを摂るのに便利な食品

カルシウムを摂取する上では、魚介類や海藻類といった食品が豊富で食べやすいですが何より身近で摂りやすいのは牛乳でしょう。ドリンクであるためさっと飲むことができ、スーパーやコンビニなどどこでもいつでも買えますのでとても便利な飲み物となっています。さらにコーヒー牛乳や抹茶ミルクなど多くの種類の製品がありますので、味に飽きることもありません。自分で新しい味を作ることもできますので、まさに無限に近い味わいの可能性を秘めています。

牛乳を美味しく飲むには

ホットミルク

寒い時期におすすめなのが、ホットミルクです。レンジで温めるだけで優しい味わいのドリンクができますので、ほっこりとします。そこにハチミツや砂糖などを加えると、栄養のある甘い飲み物になります。生姜を加えると、身体が温まりますのでこれからの季節にぴったりです。

粉末を加える

ココアや抹茶などお好きな味の粉末を入れると、マイルドな牛乳が楽しめます。甘い味付けがお好みの方にピッタリです。ポリフェノールが含まれていますので、健康志向の方にもおすすめです。

干しエビや煮干しを食べるには

カルシウムは魚介類の乾き物に多く含まれています。干しエビはそのまま食べるか振りかけにして食べるのが一般的ですが、粉末に砕くと出汁代わりにも使えます。チャーハンやお好み焼きなどに入れると、海鮮風の味わいが出てきます。もちろんそのまま入れても大丈夫です。

煮干しも生で食べるだけでなく、レンジでチンすると水分が飛んで表面がカリカリになりますので、より一層美味しくいただけます。ラップをかけると蒸発がいまいちですので、何もかぶせない方がいいでしょう。味噌汁の出汁で良く使われていますが、とった後の煮干しも食べることができます。醤油やわざびを添えると、和風に仕上がります。

カルシウムは一部の薬との飲み合わせには要注意!

体調不良のときに病院を受診すると、抗生物質を処方されることがあります。そこそこ効き目があって、リスクもさほどないことから常用される薬の一つですが、飲み方には注意が必要です。

抗生物質の中には、牛乳を一緒に飲むことで効果を弱めてしまうものがあります。カルシウムが薬の成分と結合して、キレートという構造を作ります。そしてキレートがあると、薬の成分の吸収が落ちてしまうのです。

特にテトラサイクリン系ニューキノロン系に属する抗生物質がカルシウムとの相性が良くないです。これらを服用する際には、牛乳以外にもカルシウム豊富な食品も食べないようにしましょう。分からないことがあれば、薬剤師の方にお尋ねして下さい。お薬手帳を持っておけば、より分かりやすくなります。

基本的に薬を飲むときは、水や白湯で飲むようにしましょう。緑茶やオレンジジュースで飲む方もいらっしゃいますが、それらに含まれている成分が薬に相反して体調を崩すおそれがあります。

マグネシウム豊富な食品

マグネシウムはアオサやわかめなどの海藻類に多く、その中でも乾燥させたものがより豊富に含まれています。海藻類はあまりなじみのない食品のため、味噌汁くらいしか調理法が思いつかないイメージですが、そんなことはありません。三杯酢や海藻サラダ、あるいはパスタなど様々な料理があります。海で育った食品を食べて、マグネシウムをたっぷりとりましょう。

カルシウムはマグネシウムと合わせることで、健康に大きく役立ちます。関連記事でより詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。