カルシウムとマグネシウムを摂取するベストな比率とは | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カルシウムとマグネシウムを摂取するベストな比率とは

カテゴリー:

カルシウムを吸収するには、マグネシウムなど他の栄養素とのバランスも考える必要があることをご存知でしたか?今回はカルシウムと他の栄養素とのベストな比率についてお伝えします。

カルシウムとマグネシウムの比率について

カルシウムに対してマグネシウムを2:1の割合で摂るのが理想的だとされています。栄養素はとればとるほどいいというものではなく、互いに作用し合って効果が出るものですのでバランスが大切なのです。

また他にもカルシウムを利用する上でバランスが重要になる物質があります。それがリンであり、カルシウムとリンの理想的な割合は1:1ほどだと言われています。リンは牛乳にも含まれており、1:0.85ほどの割合になっていますので、おおよそベストなバランスです。もっとも、現代では加工食品やインスタント食品が常食化されていますので、リンとのバランスは崩れがちで吸収が阻害されています。むしろ手軽な食品を避けてリンをとらないようにしましょう。

現代人にカルシウムが必要な理由

骨がもろくなりがち

現代の多くの人は、足の痛みに悩んでいます。それは自動車の常用化による運動不足やデスクワークの急増など様々な原因があります。骨や筋肉は使わずにいると、一般的にイメージするよりもずっと早く弱っていきます。骨折して一週間も入院するだけで、その部位がすっかりやせ細ってしまうほどです。しかし、特に深刻なのはカルシウムの吸収不良です。

言うまでもなく、カルシウムは骨を作る上で大事な栄養素です。カルシウムが不足した状態が長期的に続くと、骨粗しょう症といった骨が脆くなる症状に陥ってしまいます。さらにカルシウムの摂取量自体が足りていないだけでなく、リンの過剰摂取による吸収阻害によって、より懸念すべき事態となっています。

高血圧や動脈硬化を防ぐのに役立つ

現代人に高血圧や動脈硬化にかかっている人が多いのも周知されている事実です。それには生活習慣病や食習慣の乱れといった原因もありますが、カルシウム不足もその一つなのです。

カルシウムが骨粗しょう症の予防に役立つことは有名ですが、高血圧や動脈硬化といった血管系のトラブルを防ぐことはあまり知られていません。

体内のカルシウムはその99パーセントが骨や歯に含まれていますが、わずかながら血管や神経、筋肉などにも含まれています。その量は極めて少量ですが、脳の神経や心臓の筋肉といった重要な部位の機能をサポートしています。もし体内からカルシウムが不足すると、骨に含まれているカルシウムが溶け出してその分に回そうとします。このときに血液中のカルシウム濃度が高まるのですが、やがて血管壁にカルシウムが取り込まれてしまい血管の柔軟性が失われてしまって、高血圧や動脈硬化を引き起こしてしまうのです。さらに血管壁が硬くなることで血管は傷つきやすくなり、コレステロールの付着や血管そのものの脆弱化を招いてしまうということになりかねないのです。

骨を強くするには

骨を支えるカルシウムやマグネシウムを普段の食事から継続的に摂取できればいいのですが、手間やコストの面から現実的ではありません。そこで良く使われているのが健康補助食品です。手軽に必要な栄養素を選択的に摂取できますので、多くの方々に愛用されています。

特に飲みやすいサプリメントが広く使われています。カルシウムもマグネシウムも効率的にとることができますし、それらを合わせて配合したサプリメントも扱われております。便利なサプリメントから必要な栄養素を補給しましょう。

またそれに加えて、運動習慣をつけると良いでしょう。普段の生活から自動車を使っている方もいますが、それでは足腰が弱ってしまいます。自転車や徒歩で運動して、習慣をつけると健康的です。栄養素と習慣の両面から身体を元気にしていきましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。