子供の成長に役立つカルシウム豊富な食品 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子供の成長に役立つカルシウム豊富な食品

カテゴリー:

子供の成長期には牛乳などカルシウム豊富な食品が欠かせません。しかし、アレルギーなどがあるお子様もいらっしゃいますので、その対策と上手な育児のやり方を知っておきましょう。

カルシウムについて

栄養素にはビタミンやミネラルなど様々な種類のものがありますが、子供にとって特に必要なのはカルシウムだと思われます。骨を強くしたり身長を伸ばす効果もあると言われることから、成長期に欠かせない栄養素であり一日に1,000mgほど摂ることが推奨されています。

カルシウムの子供に良い効果

骨を強くする

成長期には体の節々が痛くなる成長痛を伴うなど、骨や体が全体的に大きくなっています。カルシウムはその成長をサポートして、健全な体を作る手助けをしてくれます。

歯を健康にする

子供の頃は歯が弱く、虫歯になりやすくなっています。だいたい小学6年生の時期に、乳歯が生え変わりますので、このときにもカルシウムが必要だと言われています。昔は抜けた乳歯を家の上まで放り投げていたものですが、今でもやっているんでしょうか?

牛乳が苦手な場合は?

牛乳の匂いや味が苦手だったり、それ以前にアレルギーからどうしても食べられないというお子様もいらっしゃいます。そのようなときはどうしたらよいのでしょうか?

乳製品などから食べる

牛乳自体はダメでも、加工された食品ならば食べられるならそちらからカルシウムを摂取しましょう。チーズやヨーグルトであれば、カルシウムを豊富に含んでおり十分な量をとることができます。

しかし、乳製品にもアレルギーがある子供もいますので、次はその場合の対策について見ていきましょう。

魚介類などカルシウムの多い食品を食べる

牛乳や乳製品が一切ダメな場合は、煮干しやししゃもといった魚類の乾き物からカルシウムをとりましょう。多い物であれば、牛乳と同じくらいの含有量を誇っておりかなりの量をとることができます。

そのまま食べるのがもっとも健康的ですが、舌に合わなくて食べられないときは刻んで肉類などに混ぜて食べさせましょう。味や見た目がごまかせたなら、割と食べてくれます。

子供を健康に育てるには

早寝早起きが基本

基本的に午後9時くらいに寝て、午前6時に起きるのが成長にとっていいリズムだとされています。確かにこの周期であれば成長ホルモンの分泌や細胞のターンオーバーがもっとも健康に行われるでしょう。

しかし、実際にはこう言ってもなかなかいうことを聞いてくれないものです。そりゃあ夜更かしもしたいでしょうし、元気いっぱいで遊び足りない子も多いでしょうから。どうしても寝かせたい場合は、昼に思いっきり動かせておいてすぐ眠らせるようにしましょう。

食事の管理が大事

タンパク質とビタミンやミネラル、食物繊維の4つの要素を毎日食べてもらいましょう。タンパク質は体を作る資本となり、成長盛んなお子様にはもっとも必要だと言えます。肉類や魚介類を基本に、米かパンをつけて野菜も用意しましょう。

もっとも実際にはなかなか準備できないので困りものです。お子様自身に弁当を作らせて、食事管理をしてもらうという手もありますが、学校でそのような活動をやっていないと雰囲気的になかなか難しいものです。

毎日の会話が大事

他人とのコミュニケーションは、脳や舌を使いますので学習能力やしゃべりの向上に役立ちます。特に親御さんとの会話は本人の情緒や人格形成に大きく関わってくるようです。食事の機会や玄関での出迎えなどで一日一回は話をするようにしましょう。最近では共働きや個食化が進んでおり、割としていないご家庭が多いようです。

子供の健康管理は親御さんがするものですが、できればお子様自身にも弁当作りなどで協力してもらえればより効率的になります。「親が子を育てる」よりも「親子がともに育っていく」教育を目指してみませんか?

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。