日光によって生成されるビタミンDでカルシウムの吸収を促進 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

日光によって生成されるビタミンDでカルシウムの吸収を促進

カテゴリー:

カルシウムはさほど吸収率に優れない栄養素です。しかし、ビタミンDなどの栄養素と合わせることで体内に取り入れることができます。ビタミンD日光によって作られる希少な栄養素です。

カルシウムを摂取するには

皆さんの学生時代には必ず給食に出ていたように、牛乳には成長を助けるカルシウムが豊富に含まれています。スーパーやコンビニ、あるいはドラッグストアなど随所で売られています。そのまま飲んでも美味しいですし、料理にも役立ちますので使い勝手のいい飲み物です。

給食では昔は瓶が一般的でしたが、最近では紙パックの方が多いようです。瓶をリサイクルした方がエコロジーだと思うのですが、コストがかかるのですかね?

あるいは魚を食べるのも効率的です。生魚ではなく、乾燥した煮干しなどに多く含まれています。特に骨の部分に多いので、魚の乾き物であれば骨ごとバリバリ食べられるのが便利な点です。歯ごたえがありますので、歯を強くするにも役立ちます。おつまみとしてよく売られていますが、塩っ気が強いので食べ過ぎに気を付けましょう。現代人は総じて塩分を摂りすぎていますので、要注意です。加工食品などあらゆる販売製品には、保存や味付けのために塩分や塩化ナトリウムが惜しげもなく使われています。

歯を強くする「8020運動」

今推進されている「8020運動」をご存知ですか?これは80歳になるまでに歯を20本以上残しておこうと言う歯科医が推している活動です。歯というのは身近にありながらその重要性を見失いがちなものです。歯がなければ物を食べることもできませんし、飲み物もうまく飲めません。それに唾液も分泌、嚥下しづらくなりますので口内環境が著しく劣化します。唾液は口内環境をきれいにする役目もあるのです。

歯を残しておくためには、まずよく使わなくてはなりません。身体のどの器官も使わずにいると、機能が衰えていきます。筋肉は1週間運動せずにいると驚くほどやせ細りますし、骨も動かずにいるともろくなっていきます。歯も同様であり、食事のときはきちんとものを噛む必要があります。パンやお菓子など柔らかいものばかり食べていると、歯が弱くなってしまいます。日本人は元来硬い雑穀を食べていましたので、それが今の世代で急に食べるものが柔らかくなって歯に影響が出ています。昔は本当に歯が欠けるほど固いものでも、何とか食べようとしていたほど飢えていたものです。

またカルシウムを摂取することが肝要です。当然ですが、歯の強度を作るカルシウムがなければ歯が弱っていってしまいます。牛乳など手軽に飲めるものであれば、続けやすいです。スムージーにするなどアレンジすると総合的ン栄養素がとれますのでとても便利な食品です。

最後に歯磨きが重要です。口の中というのは実はとても汚れています。あらゆる細菌が存在しており、その量は家の床のような場所にも劣りません。そのため、歯磨きは健康を保つうえで非常に重要なのです。朝歯磨きすれば、夜のうちに繁殖した細菌を減らすことが出来ますし、夜寝る前に歯磨きすれば虫歯を防ぐことができます。遭難しても歯磨きは絶対しておいた方が良いほど大事な習慣です。ちなみにそういうときは炭をかみ砕いたり、指をブラシ代わりにしたりします。

日光を浴びることで生まれるビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける作用があります。通常ビタミンなどの栄養素は食事やサプリメントなどからとるのが一般的ですが、ビタミンDに限っては食べ物からではなく身体の中で生成するのがメインという珍しい栄養素です。

ビタミンDは日光を浴びることで体内で作られます。一日におよそ20分ほど日に当たっていれば、必要なだけのビタミンDが出来上がるというわけです。

日差しを浴びて、日々を健康的に過ごしましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。