虫歯になりやすい食べ物・なりにくい食べ物とは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

虫歯になりやすい食べ物・なりにくい食べ物とは?

カテゴリー:

虫歯

 

一度虫歯にしてしまった歯は元には戻らないといいます。そのため虫歯は、絶対に予防したい病気の一つです。生活習慣や健康状態によって虫歯になりやすい人がいたり、虫歯になりやすい食べ物やなりにくい食べ物があることをご存知ですか? 今回は、そんな虫歯予防に役立つ情報をご紹介致します。

 

虫歯はなぜできる

 

虫歯は歯の表面についた歯垢(プラーク)に虫歯を作る原因でもある細菌ミュータンス菌が付着して、歯垢にある糖分を栄養にして酸を出します。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かす「脱灰」を引き起こします。

 

脱灰した歯は時間と共に唾液などの緩衝能力によってもとの硬いエナメル質に戻る「再石灰化」をします。脱灰した歯が再石灰化する時間がなく再度脱灰した場合に虫歯が出来ます。これは、食後に歯磨きをしっかりしない場合や、飲食をだらだらとした場合です。こうして、虫歯はできます。

 

虫歯を作り出す要因として五つの事があげられます。

 

一つ目は、虫歯になりやすい質の歯であったり、生まれつき歯の表面のエナメル質が弱い場合などが考えられます。

二つ目は、糖分などを含む飲食物の摂取の頻度。

三つ目は、虫歯の量・種類。

四つ目は、時間・歯磨きをしているかなど。

五つ目が、唾液の質・量。

 

この五つの要因が複雑に絡み合い虫歯ができます。

 

虫歯になりやすい人

 

虫歯になりやすい人の特徴はいくつかあります。生活習慣が不規則な場合は虫歯を作りやすくなります。食事をする時間が不規則であれば歯磨きをする時間も不規則になりがちです。口の中の衛生状態は生活習慣が規則正しい人に比べると、かなり悪いことが多いです。

 

食事をする回数が多い方も虫歯になりやすいと言えます。例えば、調理の仕事をしている方には虫歯が多く認められます。なぜならば、食事を作ったときに度々行う味見のせいで口の中が常に酸性状態になり、歯の再石灰化が行えずに虫歯を作ってしまうのです。

 

同様にデスクワークが多く仕事中に飴などを常に口の中に入れている方も虫歯を作りやすいです。シェーグレン症候群のような自己免疫疾患や薬の副作用が原因で唾液の分泌が低下している方も虫歯になりやすい人と言えます。

 

唾液の分泌が低下していると歯の再石灰化を行うことが難しくなります。また、唾液の成分には細菌の感染を防御する作用を持つものがあるため、唾液の自浄作用も難しくなり、虫歯をより作りやすい環境になります。

 

口呼吸で口の中が乾燥しやすい方も同様な理由で虫歯を作りやすい人と言えます。他に虫歯になりやすい人は歯並びが悪く、歯磨きが細かいところまでできなくなっている人があげられます。

 

キャンディー

 

虫歯になりやすい食べ物

 

虫歯になりやすい食べ物として、細菌の栄養になりやすい糖類を多く含む食べ物がまずあげられます。粘着質で歯に付着しやすい飴、チョコレート、グミ、キャラメル等が虫歯になりやすい食べ物と言えます。

 

虫歯になりにくい食べ物

 

虫歯になりにくい食べ物としては、キノコなどの繊維性の食べ物や肉や魚などのたんぱく質があげられます。また、ポリフェノールを多く含むものは、虫歯を予防する効果があると言われます。

 

例えば、お茶や蜂蜜には多くのポリフェノールが含まれます。特に蜂蜜は甘いのですが、虫歯の栄養になるようなショ糖とは違う甘さの成分が含まれているため、虫歯になりづらく、細菌やウィルスを予防する効果もあります。

 

その蜂蜜の中でもニュージランドで採れるマヌカハニーは際立っています。特に活性度の高いマヌカハニーは、その特有成分のメチルグリオキサール(MGO)によって、有害細菌からのプロテクトが可能となります。

 

特に就寝前に摂取する事で、外から持ち帰った病原菌類の感染を未然に防ぐ事にも繋がります。更に、甘いものは唾液腺を刺激しますので、多量の唾液を口内に行き渡らせます。唾液にも抗菌活性成分が含まれているので歯科疾患の予防にも期待が持てるのです。

(※活性度の高いマヌカハニーの場合です。)

 

マヌカハニー

 

まとめ

 

虫歯が出来る方の多くは、不規則な生活習慣によって虫歯を作ってしまっています。仕事が忙しく食事をする時間が不規則になり歯を磨く時間が作れなかったり、疲れて歯を磨かず寝てしまったりすると虫歯は非常にできやすくなるでしょう。

 

他に虫歯ができやすい人で唾液が出づらくなってしまい口の中が乾燥している方では、できるだけ口の中が乾燥しないように工夫をしましょう。たとえば、こまめに水分を補給したり、唾液腺をマッサージで刺激して唾液の分泌を促進させたりしましょう。

 

口で呼吸する方は出来るだけ日ごろから口を閉じるように意識して、鼻呼吸を心がけましょう。虫歯予防は、生活習慣が規則正しく、食後しっかり歯磨きをする習慣があれば、ほぼ予防することは可能です。

 

そして、定期的に歯科医院で検診とメンテナンスを行うことにより口の中の健康状態は快適になるでしょう。

 

【執筆】歯科医師・霜 信孝

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る