子供の新型栄養失調:症状と改善方法 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子供の新型栄養失調:症状と改善方法

カテゴリー:

 

親子

 

近年、栄養が足りていない子供の「新型栄養失調」が増加しているといいます。その背景や原因には何があるのでしょうか。また、現れやすい症状改善方法もみていきましょう。

 

子供の新型栄養失調と原因

 

「新型栄養失調」とは、カロリーは十分取れているにもかかわらず、タンパク質やミネラルなどの必要な栄養素が不足する状態を言います。

 

子供の新型栄養失調の背景

 

流通が発達し、経済が豊かである現在の日本。そこで養育されている子供たちが栄養失調になるなど、不思議と思われる方が多いでしょう。まさにその自覚のなさが新型栄養失調を招く一因と考えられます。

 

生活様式の変化

 

気軽にスーパーやコンビニで食べ物を手に入れられる、共働き家庭が増えて家族で食卓を囲む機会が減る、こうした生活様式の変化も現代の子供達の栄養失調を招いているのかもしれません。

 

栄養の偏り

 

子供自身が購入する食べ物はパンやファーストフードなどの炭水化物が多く、タンパク質やミネラルが不足しがちです。子供は食べやすくて好きな物ばかりを購入する傾向にありますから、栄養が偏るのです。

 

ハンバーガーセット

 

新型栄養失調で現れやすい症状

 

ヒトの栄養摂取には五大栄養素が必要です。タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミン。どれかが欠けると、その栄養素が不足した時に出る症状がそのまま出ます。では、不足しがちな栄養素と不足したときの症状をみていきましょう。

 

■タンパク質が不足したときの症状

 

タンパク質は体の支持組織や免疫細胞をつくり、体力そのものをつけます。不足したときの症状は次のようなものがあります。

  • 疲れやすい
  • 髪が抜ける
  • 筋肉が痩せる
  • 口内炎ができやすい
  • 傷が治りにくい
  • 爪が割れる など。

 

■ミネラルが不足したときの症状

 

  • 味覚障害
  • 足がつりやすい
  • 浮腫みやすい など。

 

■マグネシウムが不足したときの症状

 

長期に渡り不足した場合、将来的に心疾患や糖尿病になるリスクを高める可能性があると言われています。

 

■カルシウムが不足したときの症状

 

  • 骨折しやすくなる
  • イライラしやすい
  • 身長が伸びにくい など。

 

■鉄分が不足したときの症状

 

貧血になりますので、ふらつきやめまいが起こることがあります。鉄分は体の隅々に酸素を運ぶので、体育で力が出ないなど、体力の低下も引き起こします。頭を使って考える時に、ぼーっとしてしまうこともあるのです。

 

子供の新型栄養失調の予防や改善方法

 

子供の新型栄養失調を予防または、改善するために最も大切なことは、

 

「栄養バランスを考えて食生活を送ること」

 

これにつきます。

塾や部活で忙しい子供達はコンビニやファーストフードで食べ物を買うこともあります。仕事で忙しいママも、スーパーのお惣菜で済ませることもあるでしょう。それが全て駄目という訳ではありません。五大栄養素・出来れば30品目を意識して手に取ることが大事なのです。

 

■オススメできない購入の仕方と改善策

 

子供が選びがちな、オススメできない購入の仕方は、

  • コンビニで菓子パン+おにぎり
  • ファーストフードでハンバーガー+ポテト+炭酸飲料

 

栄養バランスを考えて購入した場合は、

  • コンビニでおにぎり+サラダ+唐揚げ
  • ファストフードでハンバーガー+サラダ+牛乳

 

■子供が買った食べ物をチェックして声掛けする

 

親は子供が買う物には手を出せません。しかし、買ったレシートを見せてもらい、ここに牛乳を足すと良いよ、などと声かけをすることはできます。親が栄養の知識を持ち、子供とコミュニケーションを取ることが大事なのです。子供が何を食べているのか気にかけ、きちんと食べられているかを伝えることも食育になるのです。

 

また、親の食への関心の低さが原因になるケースもあります。親自身が偏食であったり、料理が苦手であるなど食への関心が薄い家庭もあるのです。

 

■食事の記録をとってみる

 

自分の家庭の食事はどうなのか、親自身が振り返って考える必要があります。一度、一週間で何を食べたか、毎日の食事を記録してみると良いでしょう。これは、病院の栄養指導でも行う方法です。手軽にできて、客観的に食生活を振り返ることができます。

 

もちろん、毎日きちんと30品目を作って食べるとなると、疲れてしまいます。栄養バランスは、一週間単位で帳尻が合えば良いのです。何日か野菜が足りてないなと思ったらそれを解消するメニューを考えます。栄養のプラスマイナスは補えているかな、と考えて食事が摂れるようにすれば良いでしょう。

 

おかずバラエティ

 

  まとめ

 

食べ物が溢れ、経済が豊かな今こそ、食べ物は選んで食べる。意識を持って食生活を送ることが、新型栄養失調を防ぐ一番の近道です。子供が食への関心を持ち、その後の食生活を豊かに送ることができるかどうかは、家庭での食育にかかっています。

 

その子供も、いつかは家庭をもち、子供に食べさせる時が来ます。愛情をもった食育は、きっと次の世代の食育にも活かされ、新型栄養失調などという言葉が使われなくなると良いと願います。

 

【執筆】看護師:嶋谷 裕美

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る