汗をかかない人は汗臭くなる?:汗をかかない人のほうが汗臭くなる理由 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

汗をかかない人は汗臭くなる?:汗をかかない人のほうが汗臭くなる理由

カテゴリー:

汗

そろそろ夏も終わりに近づいてきましたが、まだまだ残暑が厳しいです。汗かきの人にとっては、まだしばらくつらい季節が続きます。衣類には汗がしみ込み、汗臭さも気になりますよね。汗をあまりかかないタイプの人は、汗の量が少ないので、汗臭くないと思われるかもしれませんが、実はそうとばかりは限りません。むしろ、汗をかかないタイプの人のほうが汗臭くなってしまうことがあります。そこで今回は汗をかかない人のほうが汗臭くなる理由についてご説明します。

汗をかかない人は汗臭くなる?:汗をかかない人のほうが汗臭くなる理由

汗をあまりかかない人は、汗臭くないと思われがちです。しかし、実際には、汗をかかない人のほうが、汗臭くなることがあります。それには次のような理由があります。

良い汗が少なくなり、悪い汗が増える

汗には、2つの種類があります。エクリン腺から出る汗と、アポクリン腺から出る汗です。エクリン腺から出る汗は、老廃物が少なく、サラサラした水のような汗です。臭いもほとんどなく、乾きやすいのが特徴です。体温調節の機能があるので、体内の水分を蒸発させて、体温の上昇を抑えます。エクリン腺からの汗は、ベタベタしておらず、すぐに乾くので、タオルなどで拭き取ってしまえば悪臭の原因になることはありません。

一方で、アポクリン腺からの汗は、老廃物が多く、粘着質なのが特徴です。ワキガ臭の原因となる成分が含まれていて、悪臭を発生させます。アポクリン腺は、生まれつき数が決まっていて、この汗腺が発達している人はワキガ体質になります。そしてエクリン腺からの良い汗が少なくなると、老廃物が体内に溜まり、アポクリン腺からの汗に混じって排出されます。そして悪臭を悪化させることになります。これが良い汗が少ない人が、悪い汗が増え、汗臭くなる原因です。

汗が少なくなる理由

良い汗が少なくなるのには、次のような理由があります。

一つ目は、運動不足です。運動不足で新陳代謝が悪くなると、汗をかきにくくなります。運動をしても脂肪が燃えない体質の方や、冷え性タイプの方は良い汗をかきにくいです。

汗

二つ目は、ストレスの影響です。ストレスを感じると、自律神経が乱れて、副交感神経が活発に働くようになります。ストレス状態が続くと体温調節機能が不全になり、汗をかきにくくなります。緊張で体が硬直して、手足が冷たくなるのはそのためです。

三つ目は、食べ物の影響です。体を冷やすような食べ物や、新陳代謝を悪化させる食べ物ばかり食べていると汗をかきにくくなります。特に悪いのは、冷たい飲み物や糖分の多い食品です。冷たい飲みものは体を冷やし、糖分は冷え性やむくみの原因となります。

四つ目は、加齢によるものです。年を取ると、どうしても発汗機能が衰えます。

五つ目は、病気によるものです。糖尿病、自己免疫疾患などで新陳代謝が悪くなり、汗をかきにくい体質になることがあります。

サプリメントを活用しよう

このように汗をかきにくい体質にならないために対策していくことが大切です。それには新陳代謝を高め、脂肪燃焼機能があるキトサンサプリメントがおすすめです。

キトサンサプリメントを活用して、新陳代謝の良い体を作りましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。