キトサンのサプリメントの形態、副作用、好転について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

キトサンのサプリメントの形態、副作用、好転について

カテゴリー:

サプリメント

キトサンは、ダイエット効果があるといわれ、多くのダイエットサプリメントに配合されている成分です。今回はキトサンのサプリメントの形態、副作用、好転反応についてお話します。

キトサンのサプリメントの形態、副作用、好転について

キトサンは、脂肪吸収をブロックするのによいことから、ダイエット成分として注目を集めています。

キトサンとは

キトサンは、エビ、カニ、ロブスターなどの甲殻類に含まれる成分です。外骨格に存在している糖誘導体です。キチンという物質に由来しています。キチンは、化学プロセスおよび温度によって操作することができる複雑な化合物です。キチンの特徴は脂質、脂質、油分、毒素を吸収する働きがあり、止血性や解毒の効果もあることです。キトサンは食物脂肪の吸収をブロックするのでダイエットに有効だと考えられています。キトサンは、脂肪と結合し、体内に脂肪が蓄積されることを防ぎます。この効果で減量効果や、体に老廃物が溜まることを防ぐ効果も期待できます。脂肪やコレステロールは、体外に排出されると体にたまることが無くなります。そして安全性が高いのも良い点です。

キトサンの形態

キトサンには、さまざまな形態があります。サプリメントとしては、固形が代表的ですが、液体のものもあります。キトサン錠剤およびカプセル剤は、乾燥した固体のタイプがほとんどです。キトサン500mg錠には他の成分がふくまれることが許されていて、他の成分と組み合わせのダイエットサプリも増えています。液体キトサンは透明で黄色がかっています。消化器系で脂肪の大きな塊を形成する錠剤とは異なり、液体キトサンは脂肪を小さな断片にする働きがあります。細粒になっているので消化しやすく、消化吸収が良いのがメリットです。

副作用

キトサンの副作用としては、過剰摂取すると、ビタミン欠乏症を引き起こす恐れがあります。脂溶性のビタミン – 肝臓や脂​​肪組織に貯蔵されているビタミンA、D、E、K – はキトサンと結合するとこのような症状が起こりやすくなります。これらのビタミンはあまり枯渇する可能性がありますので注意が必要です。また甲殻類と甲殻類にアレルギーのある方や、キトサンを服用するとアレルギー反応を起こすことがあります。

サプリメント

キトサンの好転反応

キトサンを飲み始めて初期に好反転が起こることがあります。好転反応は、飲み始めてすぐに起こる不快な症状です。体がキトサンの効果が出始めたことを表す反応なので、決して心配があるものではありません。このような反応は体が生体機能を正常に保とうとして起こる症状なので、ごく初期症状であることが多いです。この反応は、東洋医学の考え方によると好転反応と言われていて、症状が改善される前に起こる一時的な症状です。キトサンだけなく、他の薬や成分でも起こることです。副作用のように継続的に続くものではありません。キトサンの好転反応としては、下痢、便秘、発熱、吐き気、倦怠感、眠気、湿疹、目の充血などが起こることがあります。もし、飲み始めてすぐにこのような反応が出た場合は、好転反応であることが多いですのでそれほど心配はいりません。服用後にこのような症状を出た方は、むしろキトサンが効果があることの証明でもありますので、服用を続けても問題はありません。症状は、もし好転反応であれば数日で治まり治まります。万が一、長期に及ぶ場合は服用をストップしましょう。そして症状が酷い場合は、摂取量を少し減らし、1日おきに飲むなど、少しずつキトサンになれるようにしましょう。このような症状が数日間出ることについてはそれほど心配せずにいても大丈夫です。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。