キトサンの肌への効果について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

キトサンの肌への効果について

カテゴリー:

肌

キトサンは、ダイエット効果があるといわれています。しかしダイエットだけではありません。キトサンにも良い効果があるといわれています。今回はキトサンの肌への効果についてご紹介します。

キトサンの肌への効果

キトサンアスコルビン酸塩

キトサンに含まれるアスコルビン酸(ビタミンC)塩類は、甲殻類の外骨格に由来する多糖類です。キトサンまたはキチンと呼ばれることもあります。主に酸化防止剤、スキンコンディショナー、フィルム形成剤として機能します。アスコルビン酸は、ビタミンCより安定性が高く、抗酸化剤や老化防止などにも有効です。主要成分であるキチンの化学構造は、保湿効果が高いヒトの皮膚組織内に見られるムコ多糖類物質のヒアルロン酸やヘパリンに似ています。キトサンアスコルビン酸塩は水分を肌につけると肌の乾燥を防ぐことができます。肌の表面に膜を作り、水分が蒸発しにくくしてくれます。このようなキトサンの保護膜を形成する働きが注目され、化粧品などにも利用されるようになりました。活性成分を活性化させ、皮膚に栄養分を送ります。これまでの研究では、キトサンアスコルビン酸塩が皮膚を保護する効果が高いことがわかっています。

効能

主に酸化防止効果が高いので、化粧水や乳液などに使われています。ビタミンCの安定化された形態なので、抗酸化防止やアンチエイジングなどにも効果があります。キトサンアスコルビン酸塩は水を皮膚に供給し、水分保持効果が高いので、肌の乾燥を防ぎ、肌トラブルやニキビなどの予防にも良い効果があります。それ以外にもキトサンアスコルビン酸塩が皮膚に保護包帯を作り、出血を止め、創傷治癒を促進し、組織再生を促進します。キトサンには、抗菌特性もあるので、皮膚の傷にも良い効果があります。座瘡の治療に活用されています。アスコルビン酸は、金属イオンを吸収するので、これは抗刺激剤のような働きもあります。銅のような潜在的にアレルギー性の金属分子を吸収することができます。さらに抗毒素剤としても有効で、銀のような有毒金属イオンを閉じ込める働きもあります。顔のモイスチャライザー、アンチエイジングトリートメント、にきびトリートメント、日焼け止め、アイクリーム、ボディーパウダーローション、クレンザー、ブロンザーなど、幅広く活用されています。

ニキビにもよいキトサン

キトサンはニキビにも効果があると言われます。カニやエビなどの甲殻類やキノコなどに含まれる天然の食物繊維が、実はニキビ治療にもよいことがわかっています。細胞の活性化をはじめとして、免疫力のアップ、抗菌防臭効果などがあるので、肌にも良いことはご紹介しました。そしてニキビの原因となるはだの雑菌に良いのがキトサンです。キトサンには高い抗菌作用があるので、ニキビの原因となる肌の雑菌の増殖を抑えます。ニキビは、肌の角栓と常在菌の合成により発生しますが、キトサンの効果で合成を抑えることができます。キトサンなら肌を清潔に保つ抗菌作用のほか、水分吸着力が高いので肌を乾燥から守ります。

サプリメント

キトサンサプリで美しい肌を目指そう

このようにキトサンが含まれた化粧品も最近では注目されています。もちろん化粧品として皮膚につけることは効果的ですが、サプリメントとして飲めば内からも美肌を目指すことができます。そしてニキビ治療などにもよいので、肌トラブルを防ぎ肌の良い状態を保つのにも有効です。キトサンのサプリメントも是非ご活用ください。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。