クロレラの健康成分について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

クロレラの健康成分について

カテゴリー:

凄まじい生命力を持つクロレラは、その豊富な栄養量や培養の簡便さから世界中で研究が進められています。その成分は私たちの健康を支えるのにとても有用な物質となっています。

クロレラが持つ未来への可能性

クロレラは、オランダ人のバイリング博士が1890年に初めて発見しました。そのときからクロレラに含まれる成分や豊富な栄養が注目されていましたが、まだクロレラだけを抽出することができていませんでした。単独抽出に成功したのはドイツ人のワールブルグ博士という方であり、それを契機にクロレラの食料利用としての研究が開始されました。

当時は現代の世界と比べて食糧事情がさほど良くなかったと言われています。そこで飢餓に苦しむ国々のために、クロレラがその問題を解決する鍵になるとして世界中で利用法が考えられていました。現在ではサプリメントといった小型の食料利用くらいしかありませんが、アメリカのNASAなどの諸機関で研究が進められていますのでもう少し先になったら新たな食品として生まれ変わるかもしれません。

【補足】様変わりした食糧事情

現代ではひと昔に比べて大幅に食糧事情が改善されています。それは、ここ数十年の間にエネルギー源が石炭から電気や石油に変わったことに大きく関係しています。

石炭の機関車や蒸気機関車が走っていたような時代では、農業はほぼ手作業で行われていました。一日に何時間も腰を曲げて作業して、それをほぼ休みなく何ヶ月も続けてそれでようやく収穫の時期に稲がとれていました。しかも水不足や災害があるとそれらがすべて御破算になってしまうリスクもありました。これではとても食い扶持を確保することはできないでしょう。

しかし、今では農機具に機械を導入したり、株式会社化された農園や牧場による計画的な栽培・牧畜が行われておりかなり改善されています。トラクターやコンバインが使えるようになって、かなり作業が楽になりました。大規模な農業もできるようになったので、大きな会社であれば労働者をガンガン採用して田畑を広げていっています。

ここまで聞けば、現代の農業や畜産は明るいように思えます。しかし、エネルギーの変換効率で言うと、割と疑問視されているシビアも意見も存在します。どういうことかと言いいますと、かつて手作業での農業が主流だった時代には肥料や人足だけで幾ばくかの収穫物を得ていました。しかし、今では大量の石油や電気を消費して農作物を得ています。自動車や電車がバンバン走り回っていますから、あまり気にしていない方が多いようですが資源は有限です。農作物というリターンは大切ですが、それ以上のリスクである資源の過剰消費を招いていうことに対して盲目である方がとても多いです。まぁ資本主義ではもちろんですが、それ以外の社会でも仕事をする以上は成果を求めるものですから実際問題難しいのですが。「将来世界の皆が困るから、今日あなたが我慢して」と言われても普通は困るだけでしょう。これは世代間倫理として、かなり問題となっています。

クロレラに含まれる健康成分

タンパク質

植物には珍しく、タンパク質が豊富に含まれています。動物性タンパク質は肉や魚からとることができますが、植物性タンパク質はなかなか希少であるためそれ目当てでクロレラを食べるのも良いでしょう。

フラボノイド

ルテインというフラボノイドが含まれています。抗酸化作用がありますので、細胞の劣化を防いで身体を若々しく保つことができます。特にルテインは脳ルートの血流にある赤血球の酸化を抑えて、認知症を防ぐとも言われています。

【補足】

心臓の送り出す血液には、脳ルートとそれ以外の全身ルートの二つの道があります。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。