クロレラが持つ有効成分の効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

クロレラが持つ有効成分の効果

カテゴリー:

クロレラは免疫力を高めたり、腸の活動を活性化させるなど身体自体が持つ恒常性を保つ効果があります。健康にとても役立つ成分をたくさん含んでいますので、上手に使う方法を知っておきましょう。

体の機能を高めるクロレラの効果

マクロファージの働きを活性化させる

クロレラは免疫力の要であるマクロファージの働きを活性化させる効果があります。免疫系には有名な赤血球や白血球、あるいはNK細胞など実に様々なものがありますが、マクロファージはその中でもかなり重要な働きをしています。

マクロファージは白血球に属する細胞であり、細菌やウィルスを喰らう貪食作用を持ちます。他の食作用を持つ細胞よりも強いことから、大食作用とも呼ばれます。血管の中にも存在しますが、主に結合組織や肝臓などの臓器などの場所で働いています。マクロファージが弱っている状態ですと、細菌類に対して脆弱になっていますので早急に回復させる必要があります。

マクロファージを活性化させる食べ物は主に自然食品だと言われており、クロレラのほかに甘草やドクダミなどが効くと言われています。

体を若々しく保つ

クロレラに含まれる葉緑素には、細胞を若々しく保つ抗酸化作用があります。現代社会に生きる私たちの身体は、過剰なストレスや科学的な廃棄物によって刺激を受けており、それが活性酸素を余分に生み出しています。

活性酸素が有り余っていると、細胞を老化させて血管を傷つけるなど体に対してマイナスの影響を与えます。葉緑素は活性酸素を除去して身体を若々しく健康に保つ効果があり、体の基本的な機能を維持する上でとても役立ちます。

さらにクロレラにしか含まれていない特有成分であるクロレラグロスファクターにはアンチエイジング効果もあると言われていますので、相乗効果も期待できます。

腸の働きを活発にする

クロレラに含まれる食物繊維は、腸内環境をきれいにしてぜん動運動を促す働きがあります。通常緑黄色野菜から十分な量の食物繊維をとるには、およそ350gの野菜を食べなければなりませんが、クロレラを使えば数粒で摂取することができます。腸内環境を改善することで、代謝の促進や栄養の効率的な吸収が行われるようになり体の自然治癒力が高まります。

クロレラ以外でも野菜ミックスを使ったサプリメントや食物繊維のみの健康食品などをとるのも一つの手です。

ワーファリンを使っている方は要注意

クロレラには血液の凝固を促すビタミンKが含まれていることから、それを阻害するワーファリンを服用している場合は事前に医師に相談しましょう。互いの作用が反発しあって、思わぬ副作用的症状をもたらすことがあります。

またクロレラは細胞壁を持つことから若干消化しづらいと言われています。そのため、吐き気や下痢などをもよおすこともありますので、その際は一旦使用を取りやめましょう。タンパク質を多く含みますので、肉や魚のタンパクアレルギーを持つ方も注意が必要です。

【補足】健康食品と薬を併用する場合には

クロレラとワーファリンに限らず、健康食品と薬を併用する際には注意が必要です。大抵は成分が相反することなく安全に使えますが、中にはそれぞれの作用が逆に働いて体に負担をかけてしまうことがあります。薬を2つ以上併用する場合も同様であり、別の病院で薬を処方してもらった場合などは必ず医師や薬剤師の方に確認しましょう。現在では「お薬手帳」の持参が奨励されていますので、それを使うととても便利です。

また病院にかかる際は、中規模以上の病院に行くとかなり待たされがちです。普段から通っている診療所のかかりつけ医を作っておくと、スムーズに受診できます。紹介状を書いてもらうと、大病院に行く際もお金が安くなりますのでおトクです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。