クロレラをきちんと選ばないと、湿疹の副作用が? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

クロレラをきちんと選ばないと、湿疹の副作用が?

カテゴリー:

サプリメントで売られているクロレラは、少量で大きな健康効果を実感できることからたくさんの方にご愛顧をいただいております。しかし、ちゃんと選ばないと湿疹などの副作用が出てしまうので、選び方について見ていきましょう。

血液の状態を改善するのに有効

日ごろの生活や食習慣が乱れがちになっていると、血液の状態も思わしくなっていきます。血液は全身の細胞や組織に酸素やエネルギーを送り届ける大事な役割を果たしていますので、これが損なわれると将来の健康状態に大きな懸念が残ってしまうのです。

クロレラはそんな不安を解消するのにとても役立ちます。クロレラに含まれるクロロフィルという成分は、コレステロール値を低下させて動脈硬化などの生活習慣病リスクを低減させてくれます。さらに血圧を下げる効果もありますので、万病の元である高血圧を予防することもできるのです。

さらに貧血対策にも使えます。疲れが溜まっていたり、食事が疎かになっていると血液がうまく身体の中で作られずに不足する状態になってしまいます。しかし、クロレラの特有成分であるクロレラグロスファクターは、赤血球を回復させて造血を促す作用がありますので、貧血を未然に防いでくれます。

全身にめぐる大事な血液を健康に保って、不安のない生活を送りましょう。

良いクロレラ製品の選び方

日本には様々な健康補助食品があり、クロレラも多くの製品となって世の中に売り出されています。しかし、その量はあまりに多いためどれを選べばいいのか分からないものです。そこで、優れたクロレラ製品を見つけ出す方法についてご紹介いたします。

原料

身体に良いクロレラ製品は、まず原料となるクロレラの品質にこだわっています。ここが製品の出来栄えをもっとも左右するファクターですので、必ず確認しましょう。

クロレラは天然のものもありますが、一般的には養殖されたものが使われます。通常の健康食品は天然の方が健康に良いイメージがありますが、自然の中で育ったクロレラはお腹を壊しやすいのであまり使われません。

クロレラはタンク培養するとコストを抑えて大量に養殖することができますが、その分栄養価で劣ってしまいます。光合成によって豊かな栄養素を生み出すのがクロレラですので、太陽光をたっぷり浴びせて育てたクロレラを使用している製品を使うようにしましょう。

製法

クロレラを使った製品には、サプリメントや粉末など様々なものがあります。それぞれ身体に良い製法がありますので、その点も確認しておきましょう。

例えばサプリメントの場合ですと、錠剤のように固めたものがオススメです。カプセルに入れることもできますが、ソフトカプセルなど吸収しやすい製品を選ぶのが良いでしょう。

販売元企業

企業のこだわりが製品の品質に大きく関わってきます。健康志向や天然由来にこだわっている企業の販売している製品は、実際使ってみると健康効果を実感できることが多々あります。クロレラ以外にもどんな製品を扱っていて、どんな理念で活動しているのか見てみるのも有意義です。

クロレラの選び方を間違えると、副作用が!

健康食品として名高いクロレラですが、選び方を間違えると副作用を起こすこともあります。その代表的な症例の一つが湿疹であり、腕や足の一部が赤くなって発疹が現れます。かゆみが出ることもありますが、できるだけ掻いたりせずに湿疹が引くのを待ちましょう。このような副作用が現れた場合は、即時クロレラの摂取を中断して医師などの専門家に相談してください。

クロレラに限らず、あらゆる健康食品は選び方を間違えると副作用のような症状を起こすことがあります。自身の体質に合った理想的な製品を探して、健康維持に役立てていきましょう。

関連記事はこちら

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る