チョコレートの健康効果・どの種類が効果的? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

チョコレートの健康効果・どの種類が効果的?

カテゴリー:

健康食品チョコレートに含まれる抗酸化物質フラボノが、糖尿病や肥満の予防に効果的であると以前お話をしました。チョコレートを食べる事により糖尿病の予防やダイエット目的の他にも40以上の健康効果が得られるという研究の結果が報告があります。今回はチョコレートがもたらす健康効果、どのチョコレート種類が健康に効果的かを話しします。

チョコレートがもたらす様々な健康効果

チョコレートがもたらすある実験で1ヶ月間、糖尿病患者が特別に用意されたフラボノを多く含む飲み物を飲み続けた事により、深刻な異常のあった血管の働きが正常に働くように改善されました。この結果は運動や糖尿病の薬を服用した際に起こる変化のように大きく効果みられました。

少量のダークチョコレートを摂取する事はまた、心臓発作の発生を軽減します。チョコレートには血管内で血小板が塊となる事を防ぐなど、アスピリンのように生化学的な効果があるとされています。また血小板が塊を作る事は時に致命傷であり、血小板の塊が血管内で詰まった場合血栓となり心臓発作を起こす事が知られています。

また、チョコレートが心臓血管にもたらすメリットとして、一酸化炭素の代謝を助ける働きがあります。一酸化炭素は心臓血管の緊張を和らげ、血圧を下げるなど心臓を守る働きをします。一酸化炭素が作られる過程で副作用や毒性のある代謝物が出ますが、通常はそれらは体内で消化し、血管の内部で酸化によるダメージ(亜硝酸過酸化物やニトロ化反応など)を生じない仕組みになっています。ココアポリフェノールはこれらの代謝反応から体を守り一酸化窒素の生成による加齢現象に対抗するとしています。

以下の項目はココア豆の健康効果のハイライトです。

  • 炎症予防
  • ガン予防
  • 抗血栓作用(血管内部の働きを助ける)
  • アルツハイマーの発症を軽減
  • 糖尿病、肥満の予防
  • C反応性蛋白の生成
  • 心臓保護、血圧を下げ脂質状態の改善、心房細動の予防を助ける
  • 肝硬変を予防
  • 神経を保護
  • 腸内細菌を改善
  • ストレスホルモンを軽減
  • 緑内障及び白内障の症状を抑制
  • 歯周病の進行を遅らせる
  • 持久運動力を高める
  • 寿命を延ばす可能性
  • 妊婦への子癇前症の防止

 

どの種類のチョコレートを選ぶべき?

チョコレート」は一般的に、(通常煎られた)カカオ豆から作られた固形の状態のお菓子になっている食べ物を指しますが、煎られていないカカオ豆から作られ甘く加工した物を「ローチョコレート」と呼びます。

ここで確認しておきたい重要な点が、一般的に流通し消費されているミルクチョコレートなどは、低温殺菌牛乳や大量の糖分を含むことから上記で説明されている効果が無いだけでなく、健康に大きな悪影響をもたらします。

ホワイトチョコレートも大量の糖分を含み、そして、植物栄養素は一切含まないので健康へいい影響を与えません。

ココアが自然で未加工である状態に近いほど、栄養価は高くなります。理想は、チョコレートやココアは加熱さえていない、生の状態で摂取することです。チョコレートを選ぶポイントは、カカオの成分量が多く、糖分が少ないものを選ぶ事です。しかし、カカオは苦いため、基本的ににチョコレートはカカオの含有量が高いほど苦くなります(この苦味がフラボノであるため製造過程ではよく取り除かれますが、この苦味成分フラボノが健康に優れた影響を与えます。)。この苦味の対処としてチョコレートは甘く加工されます。栄養を考えるとローカカオを摂取することが何よりも一番ですが、栄養素と美味しさのバランスを上手くとる事も重要です。ココアやチョコレートと健康に関する研究は、残念ながら大体の場合ローカカオを対象にしていませんが、ローカカオでない場合でも十分な健康効果が報告されているということがわかります。これによって加工されたチョコレートでも、適切な量を摂取する事により健康効果が期待できると言えます。

課題は、最低限の加工過程で作られ、しかも美味しいチョコレートを探す事です。健康を害す、糖分や科学成分をたくさん含むものではなく、ココアやカカオの含有量が70パーセントもしくはそれ以上のチョコレートを選ぶ事をオススメします。また、強いの苦味も大丈夫!という場合、ローカカオが食べれれば一番理想的です。

まとめ

糖尿病や肥満の予防だけでなく様々な病気に効果がみられるチョコレートですが、苦ければ苦いほど体にいいという事です。最近はカカオの含有量がとても高いチョコレートがコンビニエンスストアやスーパマーケットでも気軽に手に入りますので、生活に取り入れやすいと思います。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。