美容・健康のために摂りたいシナモンの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

美容・健康のために摂りたいシナモンの効果

シナモン

 

紅茶の香りづけや、お菓子に使用される「シナモン」。香りが良いだけでなく、多くの美容・健康効果があることをご存知でしょうか。今回は、シナモンのもたらすさまざまな効果についてお話します。

 

シナモンとは

 

日本では、クスノキ科ニッケイ属のセイロンニッケイの樹皮を原料とした「セイロンシナモン」と、同じニッケイ属のシナニッケイを原料とした「カシア」の二つを一般的にシナモンと総称しています。前者はインド南部やスリランカ原産で、後者はベトナムや中国南部原産です。

 

日本でお馴染みの「ニッキ」もシナモンの仲間ですが、使用している部位が樹皮ではなく根っこ部分です。これらの三つは、味や成分、香りの強さなどに違いがあります。

 

シナモンの摂取で得られる効果

 

漢方の世界では「桂皮(けいひ)」と呼ばれるシナモン。多くの漢方薬に配合されている生薬(動植物・鉱物を加工せず天然のままの漢方薬の原料)で、これは、シナモンには薬としての一面があることを示しています。

 

シナモンは、抹消循環を促進して血流を良くし、手足をはじめ身体を温める働きがあるので、肌の新陳代謝が高まり、肌にハリがでてくるため、美肌効果も期待できます。

 

最近の研究では、シナモンに、血流が途絶えて消えてしまった毛細血管「ゴースト血管」を予防・修復する働きがあることが明らかになっています。毛細血管の修復は、シミ・シワ・たるみだけでなく、薄毛の改善にまで役立ちます。

 

また、消化器を刺激して消化不良や食欲不振を改善し、筋肉の緊張を和らげる効能があると言われています。さらには、インスリンの機能を亢進させて血糖値を低下させる作用も報告されています。

 

シナモンオレンジ

 

シナモンの香りの効果

 

一般的にシナモンは香辛料として用いられ、砂糖の甘味を引き立てるとしてアップルパイやシナモンクッキーなどの菓子類やソースなどによく用いられています。樹皮には、精油成分のシナモンアルデヒド、ケイヒ酸、オイゲノール、ピネン、カンフェンなどのほか、タンニン、クマリンなどが含まれています。

 

シナモンアルデヒドには独特の強い芳香と甘味、刺激臭があり、血行促進や鎮痙作用、解熱作用、利尿作用、抗菌作用などの非常に多くの作用が報告されています。

 

副作用はあるの?

 

シナモンには血糖値を低下させる作用があるので、血糖低下作用のあるハーブやサプリメント、糖尿病治療薬の作用を強める恐れが考えられます。糖尿病患者さんは注意して用いるようにしてください。

 

また「カシア」に多く含まれる「クマリン」の摂り過ぎは、肝機能障害を起こす可能性があるので注意が必要です。「セイロンシナモン」にはクマリンがほとんど含まれていません。

 

また、シナモンの香り成分の「シナモンアルデヒド」は、しばしば皮膚アレルギーや口内炎の原因となることが指摘されています。

 

おすすめの摂り方

 

シナモンパウダーのご利用が簡単でおススメです。ミルクティーや豆乳、コーヒーに一振り入れる、シナモンシュガートースト、またはお料理にスパイスとして加えるのもいいですね。

 

さらにこんな併用も……

 

シナモン同様、健康や美容に優れた食品であるはちみつとの合わせ技も大変オススメです。はちみつにはビタミン、ミネラル、各種酵素、ポリフェノールなどが豊富に含まれているので、疲労回復や整腸作用、免疫力アップ、肌の老化を抑える効果が期待できます。

 

そしてシナモンとタッグを組ませることで、肌・血管・腸など全身に効く成分の相乗効果が生まれます。

 

はちみつシナモン

 

■はちみつシナモン

 

【作り方】

 

  • はちみつ(純粋はちみつ・生はちみつなど)……大さじ1/2
  • シナモンパウダー……小さじ1

 

1日の目安量としては、はちみつは大さじ1~2(15~30ml)程度、シナモンパウダーは2~4振り(0.7~0.8g)程度です。

 

【食べ方】

 

  • そのまま食べる
  • 飲み物に入れる(200~250 mlのお湯、牛乳、豆乳、紅茶、ウーロン茶など)
  • ヨーグルトやリンゴにかける

 

まとめ

 

シナモンの研究は世界中で行われていて、その健康効果は多くの論文で発表されているほどです。複数の信頼できる臨床試験の論文からは、まず2型糖尿病患者のシナモン投与に関する研究で、血糖値や中性脂肪値、ヘモグロビンA1cの数値が低下したとあります。

 

また月経困難症へのシナモン投与で、3日後には下腹部痛や吐き気、嘔吐などの各症状の度合いが半減された報告もあるほどです。シナモンに関する研究の動向から、ますます目が離せませんね。

 

【執筆】管理栄養士:向井 静香

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る