ゴキブリを知る:種類や人との関り、駆除方法について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ゴキブリを知る:種類や人との関り、駆除方法について

カテゴリー:

ゴキブリ
長いひげやてらてらとぬめった羽を持つ「ゴキブリ」。名前を聞いただけで鳥肌が立つ人も多いでしょう。でも、ゴキブリは人類よりも数十倍も長く地球上で生き続けて来ているのです。ここでは、地球上でヒトの先輩でもあるゴキブリに敬意を表して、ゴキブリの種類や生態など、ゴキブリをもっと知ってみたいと思います。ついでに、ゴキブリの駆除法にも触れたいと思います。

 

ゴキブリの種類

 

ゴキブリは、カマキリに近い昆虫の一種です。約3億年前に地球上に出現し、そのまま余り形を変えずに現在まで生き続けている、シーラカンスのような「生きている化石」と呼ばれる生物です。世界には約4000種類にのぼる多くの種類が生息していますが、日本にいるのはその内の50種類ほどで、私たちが良く目にするゴキブリには10種類程度です。

 

最もよく目にするのはチャバネゴキブリで、小型(1cm程度のサイズ)で褐色をしており、飲食店やビルなどの暖かい場所を好んで生息しています。

 

次に、西日本を中心に生息している大型(3~4cm)のクロゴキブリがいます。テラテラと黒光りする不気味な羽を持ち、夏場に発生し、民家の中にも入り込んできます。

 

さらに、ワモンゴキブリは4cm以上の大型・南方系の生物ですが、暖房の発達によって全国で見られるようになってきました。そのほか、日本の在来種で森林性のヤマトゴキブリも民家に侵入するようになっています。

 

この他、世界的には、10cm近くにもなるオオメンガタブラベルスゴキブリや地中性のヨロイモグラゴキブリなどの珍種もいて、最近ではペットショップで販売されている種類もいます。

 

ゴキブリ退治

 

ゴキブリの生態

 

ゴキブリは、本来は熱帯・亜熱帯の森林地帯を生息域としていましたが、だんだんと住み心地の良いヒトの居住地に入り込み、大発展を遂げるようになってきました。

 

雑食性で、菌類や樹液といった本来の餌以外に、動物の死骸、糞、各種の食品などを食べます。体内に共生させている微生物により、餌が不足しても栄養を摂れるような仕組みを体内に持っています。

 

このため、極めて生命力が強く、何も食べなくても1か月間も生きていられると言われています。

 

■ゴキブリと人との関り

 

ゴキブリ自体には危険性はないものの、ゴキブリが汚染された場所や汚染食品を食べ、体内・外に取り込んだ病原菌を介して人に感染症などを媒介します。

 

よく見られる感染症としては、「サルモネラ菌による食中毒」「大腸菌による急性胃腸炎・尿路感染症」「赤痢菌やチフス菌による赤痢やチフス」などといったものです。

 

また、ゴキブリアレルギーを持つ人もいます。ただし、家の中に住み着いて病原菌を媒介する生物には、ダニや蚊などもいて、何もゴキブリだけを特に危険視する必要はありません。

 

また、蚊などと違ってゴキブリは、自分からヒトに近づいては来ないので、ゴキブリに触ったり、ゴキブリが触れた食べ物を口にしたりしなければ、感染症を恐れる必要はありません。

 

■食用ゴキブリの実態

 

ゴキブリは、タイ、ベトナム、中国などのアジア地域を中心に、アフリカ、中南米など世界の広い地域で食用にされています。

 

もちろん、食用ゴキブリは家の台所などで採集してきたものではなく、飼育した個体を油で揚げたりして食べます。ゴキブリは、エビ・カニの仲間と同じ節足動物なので、エビのような風味があるとされています。

 

ゴキブリ

 

家のゴキブリはどうすればいい?

 

ゴキブリ駆除には、化学的な方法として「燻煙型殺虫剤」「設置型殺虫剤」「スプレー式殺虫剤」「薬剤入りのベイト剤」と、物理的な方法として「捕獲器(粘着シート)」など、昔から種々の方法が試みられて来ています。

 

◎スプレー式殺虫剤

 

出現したゴキブリにめがけてスプレーを噴射して一瞬で殺すものです。スプレーの中身は薬剤の他、ゴキブリを凍らせて固めてしまう成分を含むものもあります。食品や食器などにかからないようにすることは言うまでもありません。

 

◎燻煙型殺虫剤

 

部屋の隅々まで薬品の煙が行き渡るため、隠れているゴキブリにも効果的です。毒性のある成分を使用するので、食器などにかからないような配慮が必要です。

 

◎冷却剤スプレー

 

ペットやお子さんがいるために、殺虫剤の使用が心配。という場合にオススメなのが、冷却剤スプレーです。冷却ガスを噴射しゴキブリを瞬時に凍らせて動けなくします。

 

◎設置型殺虫剤

 

餌に殺虫剤を混ぜた商品を部屋の隅々に設置するタイプで、効果が長期間持続するので、卵を含めてゴキブリを駆除するのに効果的です。幼児の手の届かないところに設置するようにしてください。

 

◎捕獲器(粘着シート)

 

粘着性を利用してゴキブリを捕獲する方法で、面白いように捕れることもありますが、室内の奥で繁殖しているような場合には効果は限定的です。

 

ゴキブリは屋外から室内に侵入してくるので、ゴキブリの入る隙間を閉鎖することも重要です。これらの方法を駆使しても一向に退治できない場合には、専門の業者に依頼して駆除してもらえば効果はてきめんです。費用は、部屋の大きさにより数万円程度からになります。

殺虫剤スプレー

 まとめ

 

ゴキブリは生命力が強いので、地球上の人類が滅亡した後は、ゴキブリの世界になるのではないかと話す人もいます。生命力が強いがゆえに色々な細菌を共生させて、危険生物と見なされてしまっています。

しかし、だからと言って情けをかける必要はなく、きちんとした駆除を心がけましょう。ただし、強い薬剤を使う時には人(とくに幼児)への影響に十分に気を配ってください。

 

【記事監修】理学博士:佐俣 哲郎

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る