コエンザイムQ10と アスタキサンチンはどちらがいいか | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コエンザイムQ10と アスタキサンチンはどちらがいいか

カテゴリー:

コエンザイムQ10

人気サプリ成分として、コエンザイムQ10とアスタキサンチンがあります。今回は、この2つの人気サプリ成分を比較してみたいと思います。

エンザイムQ10と アスタキサンチンはどちらがいいか

最近新しく開発された成分としてアスタキサンチンがあります。アスタキサンチンは、加齢による体調の不調や肌の老化を防ぐのに、高い効果があるといわれる成分で、抗酸化作用があります。抗酸化に影響が強い一重項酸素の除去力は、コエンザイムQ10の約1000倍もあるといわれます。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻 の天然色素でカロテノイドのひとつで、別名、海のカロテノイドとも呼ばれる成分です。特に抗酸化作用が高く、アンチエイジングや体の老化によいと考えられています。活性酸素のなかでも悪玉とされる一重項酸素を除去する働きがあるので、加齢による体調の不良や肌の老化を防ぎ、活力ある健康な体と若々しいお肌を保つのに最も高い効果があるといわれています。さらに安全性も高い評判の高い新成分です。

アスタキサンチンとコエンザイムQ10の活用法

体やお肌の老化は、活性酸素が影響をおよぼしますが、一重項酸素も同じぐらい影響力があります。アスタキサンチンは、特に一重項酵素の除去に有効であるという研究報告もあり、日本では 美白化粧品などへの活用が今のところ盛んです。海外ではアレルギー改善などの目的でも注目を集めています。アスタキサンチには、抗ヒスタミン効果があるので、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、花粉症などのアレルギー性疾患の医療薬として用いられています。海外では、アレルギーは自宅でケアするのが一般的ですので、アスタキサンチンなどのサプリメントを使って対策している人が多いです。それ以外でも、体質改善などを目的としたプリメントや医療薬が積極的に勧められているので、活用する人が多くなっています。

アスタキサンチンとコエンザイムQ10はどちらも大変人気が高い成分ですが、アレルギー改善薬としてはアスタキサンチン、心臓病や成人病の予防などの改善薬としてはコエンザイムQ10が活用されています。これらのサプリメントと合わせて、食事、運動、睡眠などの生活改善が積極的に行われています。

アスタキサンチンは、皮膚の痒みなどにも有効なので、アレルギーによる皮膚の痒み対策としても活用されています。それ以外のアレルギー対策としては、EPA、ビオチンなどが活用されています。EPAは、皮膚のバリア機能を強化してアレルゲンの侵入を防ぎます。 ビオチンは、炎症を抑えます。そして善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)を活発化して、白血球を増やし、アレルゲンを抑える効果もあります。このようにいくつかのサプリ成分を組み合わせて、アレルギー対策の体質改善が行われるのが海外では主流です。

アスタキサンチンとコエンザイムQ10の口コミ・評判

コエンザイムQ10とアスタキサンチンは、とちらも人気の高いサプリ成分です。コエンザイムQ10は、幅広い効果が期待でき、特に心臓病と成人病予防の効果が高いことがわかっています。それ以外でも、肌の老化防止にもよいので、アンチエイジングの化粧品の人気成分です。

一方で、アスタキサンチンも新しい成分として、徐々に注目されつつあります。最近は、両方飲まれているという方もいて、コエンザイムQ10とアスタキサンチンのダブル効果で、肌のハリが良くなったという方もいます。比較的リーゾナブルな価格ですので、高い効果を狙うならダブル摂取をおすすめします。美容、健康の双方に効果が高いので、中高年の方から若い方まで、広い年齢層の方におすすめのサプリメントです。

(文:宮本燈)

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。