コーヒーのカフェインによるダイエット・健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コーヒーのカフェインによるダイエット・健康効果

コーヒーの効能についての研究者である、ホフメクラー氏はカフェインの危険性についてよく注意されるべきであるとし、カフェインを含むものそしてカフェインそのものが特に妊娠中の女性に対し、体に害をもたらす可能性を指摘しています。しかし、添加物の加わっていない、加工されていないコーヒー豆は大変健康に優れています。コーヒー豆が含む健康成分により、カフェインのみの効果とは対照的に、コーヒー豆の効果が期待されています。例えば、コーヒーを摂取することによるダイエット効果などが実験で証明されています。

高品質のコーヒー豆が持つ治療への効果

コーヒーのダイエット効果

コーヒーの効能についての研究者であり、The Warrior Diet and Unlocking the Muscle Geneの著者である、オーリ・ホフメクラー氏によると、コーヒーは正しい方法で摂取されることにより体全体の健康を促進する効果を得られるということです。例えば、コーヒーを摂取することにより20%代謝が上昇し、また運動前にコーヒーを摂取するとより効果が期待できるそうです。2007年3月にThe Journal of Pain紙で公開された研究では、運動の1時間前にコーヒー2杯ぶんと同量のカフェインを摂取することで、筋肉痛が最大48%軽減できることが明らかにされています。

コーヒーが含む健康成分

コーヒー豆の中には天然の(クロロゲン酸を含む)ポリフェノール抗酸化物質のブレンド、バイオフラボノイド、ビタミン、そしてミネラルなどが共に働くことにより、カフェインの有害な働きが中和されます。コーヒー豆の中には、数100種類の様々な化学成分が含まれています。そしてホフメクラー氏はまたこの豊富に含まれる科学成分の共同作用により、健康への大きな影響を期待できると述べます。

「ココア豆や、コーヒー豆、茶葉が含む天然のカフェインを摂取するたびに、健康効果がぎゅっと詰まった未加工の製品である”ホールフード”を食することになります。しかし、カフェインが除かれている、ディカフェやディカフェティーなどを摂取することにより、摂取されるはずであった健康成分が損なわれてしまいます。カフェインを含まないお茶は意味をなしません。ディカフェ加工工程により、健康成分である抗酸化物質バイオフラボノイドが無くなってしまうからです、同様にディカフェコーヒーもカフェインを含む通常のコーヒーのような健康効果は期待できません。」

高価なオーガニックコーヒー、払うだけの価値はある?

コーヒーを飲む際に気になる点として、近年身近に手に入るコーヒー豆は殺虫剤を含んでいることが多いという点です。コーヒー豆の生産過程では、農産物の中でも深刻なレベルの殺虫剤が用いられているとされています。ですから、コーヒーを飲むことにより健康になるには、殺虫剤の心配をすることも重要なポイントの一つです。この殺虫剤の混入を避けるには、オーガニック農法で育てられた防虫剤フリーのコーヒー豆によって作られたコーヒーを飲みましょう。

オーガニックコーヒーを飲む理由

オーガニックコーヒーとして、ラベルづけされ販売されているコーヒー豆は、アメリカ農務省基準のオーガニックコーヒ農法が用いられているはずです。この基準では、作物は95%以上オーガニックの肥料を使用し、最低でも3年以上殺虫剤を用いない農法で育てられています。またこの規制により、土を侵食から守るためにローテーションを組んで耕作し、種となる豆は照射されていないものとされています。このオーガニック基準を満たすかどうかを判断するには、商品に”USDA 100% Organic(アメリカ合衆国農務省)”シールが貼られているか否かでも判断できます。もし近所のスーパーマーケットに有機農法でつくられたコーヒー豆が販売されていない場合、オンラインでも気がるに購入できます。

まとめ

コーヒー豆は抗酸化物質やビタミン、ミネラルなど数100種類以上の科学成分を含んでおり、この健康成分によりカフェインの有害な働きは中和されるためコーヒーを飲むことによる健康効果が期待されています。近年はディカフェなどの流行で、カフェイン抜き飲料が健康に良いとも言われていますが、研究者によるとカフェインを抜く過程で有効な健康成分も失われてしまうため、加工されていないそのままのコーヒー豆や茶葉を用いたものの摂取が勧められています。また、流通しているコーヒー豆は作物の段階での殺虫剤の使用により、殺虫剤の混入が指摘されています。それを防ぐためにも高い品質で育てられた、オーガニックコーヒーの摂取を検討してみては如何でしょう。

 

この文章は抄訳です。訳:松本マリ

Coffee May Reduce Your Suicide Risk, Study Finds

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。