コーヒーを健康のために楽しく飲む3つのポイント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コーヒーを健康のために楽しく飲む3つのポイント

カテゴリー:

比較的値段が安くて、作りやすい、インスタントコーヒーなど気軽にコーヒーを楽しめる製品も良いですが、せっかくコーヒーを健康のために飲むのであれば、コーヒー豆の質や、カフェインの含有量にもこだわってみたいですよね。今回は、コーヒーを楽しみながら飲むために覚えておきたい、3つのポイントをご紹介します。

1、オーガニックコーヒーを選ぶ理由

コーヒーは世界中で育てられている作物の中でも、最も多く農薬が使われている作物の一つとして知られています。ですから、コーヒーを飲む際は、有機農法で育てられたコーヒー豆を使用した、オーガニックコーヒーを選ぶようにしましょう。従来の農法で育てられたコーヒー豆は、化学物質や農薬を溶剤によって混ぜた液体が、大量に作物に撒きかけられています。また、オーガニックコーヒーを買う他にも「シェード・グロウン・コーヒー」と呼ばれる、日陰を利用した伝統的な方法で育てられたコーヒー豆も、従来の農法に比べ、化学物質や農薬の使用量を少なく抑えたコーヒー豆の選択肢もあります。

フェアトレードコーヒー

そして、「フェアトレード」コーヒーの選択肢も忘れてはなりません。フェアトレードとして認められる品物は、雇用者に対して”対話、透明性、そして尊重に基づくパートナーシップを結び輸入を行なっている機関”によって、フェアトレードの基準に従って生産された製品であります。

2、体の反応を観察しよう

もう一つのコーヒーを飲む際に注意すべき点は、あなたの体がカフェインに対してどれほど敏感かを知ることです。飲むコーヒーの種類にもよりますが、1度に摂取するべき量を超えるカフェインを摂取している場合があります。不安症、睡眠に関する問題、不眠症、心臓の健康障害、そして動悸が生じる人などは、コーヒーを全く摂取しないほうが良い可能性があります。実際にコーヒーを飲んだ時に体にどのような変化があるか、注意深く観察し、自分の飲んでいるコーヒーの量が適量か確認するようにしましょう。

現在持病がある場合

上記のような健康問題に悩まされていない場合でも、カフェインをがどのように体内で働いて、長期的な健康に影響するのか、心配している方もいるのでは無いでしょうか。コーヒーには、精神的そして身体的な機能に変化を与える物質であり、カフェインが含まれているため、飲む前に知っておきたい健康リスクや欠点が存在します。コーヒーに含まれるカフェインは、ホルモン、神経伝達物質の働き、神経の伝達、そして筋肉に影響を与える可能性があります。特に、不安症、心臓病、そして糖尿病など、現在進行形の病気を抱えている場合や、体の疲労を紛らわすためにコーヒーを飲んでいる場合、このように体に悪い変化が生じやすいので注意しましょう。

コーヒーを過剰摂取した際に逆説的に、まるで向かい酒のように、より多くのカフェインをさらに摂取することで、頭痛、エネルギーの低下、集中力の低下、気分の落ち込みなどの症状が改善してしまうのにも注意しましょう。また他の人よりカフェインに敏感な場合、カフェインの摂取によって、不安、緊張、そして睡眠障害の症状が悪化するなど体に逆効果が生じる可能性があります。

3、コーヒーの抽出方法

コーヒーを抽出する方法によって、カフェインの量は変化するのですが、ドリップコーヒーは、コーヒーの中でも最もカフェインを多く含みます。ドッリプコーヒーなど、コーヒーの抽出に時間がかかればかかるほど、コーヒーに含まれるカフェインは濃くなる仕組みになっています。また、豆を焙煎する過程でカフェインが排除されるために、一般的に深入りのコーヒー豆が含むカフェインの量は少ないとされています。短時間で抽出されるエスプレッソや、牛乳を多く含むカフェラテなどのカフェインの含有量も少ないので、カフェインの摂取量が気になる場合これらのコーヒーの種類を選んでみると良いかもしれません。

ディカフェの選択

デカフェのコーヒーを飲む場合でも、少量のカフェインを含む事がありますので、特にカフェインに敏感で、カフェインの摂取を避けたい場合は、全ての種類のコーヒー飲料の摂取を避けることが推奨されます。また、デカフェを飲むときは常に、溶剤を使って抽出したものでなく、水によって抽出されているものを選ぶようにしましょう。

まとめ

オーガニックコーヒーを選択したり、フェアトレードで輸入されているコーヒー豆を選ぶなど、通常のコーヒーと比べるとほんの少しお金がかかるかもしれませんが、残留農薬から体を守り、安心して飲めるコーヒーを手に入れるため、そしてより優れたコーヒー産業をもつ社会に貢献するために、市販のコーヒー以外の選択肢について考えてみると良いかもしれません。また、コーヒーの抽出方法によっても、カフェインの量に変化が生じますので、自身の体に合わせたコーヒーライフを探してみましょう。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る