コーヒーの健康効果③カフェインの量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コーヒーの健康効果③カフェインの量

カテゴリー:

コーヒーカフェインを含む飲料として、最もよく知られている食品ではないでしょうか?近年の研究では、コーヒーが持つ健康効果が注目され、その中にカフェインが体にもたらす良い影響が服含まれています。しかし、よく知られている通り、カフェインには副作用もありますので、1日に摂取しても良い量を知ることが大切です。今回は、前回の記事に引き続きコーヒー健康効果について注目していきます。

前回の記事

コーヒーの健康効果①死亡リスクの低下

コーヒーの健康効果②病気への効果・栄養素

コーヒーに含まれるカフェインの量

コーヒーにはどれくらいの量のカフェインが含まれているのでしょうか?

コーヒーカップの量、使用されている豆の種類、生産者、そしてコーヒーを淹れる方法など、様々な要素がコーヒーに含まれるカフェインのレベルに影響します。例えば、スターバックスコーヒーで提供される通常サイズのコーヒー1杯は、自宅で淹れる中ぐらいの大きさのマグカップ1杯のローストコーヒーと比べ、カフェインの量は大幅に多いということが知られています。

コーヒーによって異なるカフェイン量

アメリカ合衆国農務省(USDA)によると、コーヒー豆を挽いて淹れられた240mlのコーヒーには、平均的に95mgのカフェインが含まれているそうです。しかし、同量のスターバックスのコーヒー(トールサイズ)には、その約2倍の量のカフェイン、180mgが含まれています。その対照に、1杯の通常のエスプレッソに含まれるカフェインは約64mgで、1杯の緑茶に含まれるカフェインは約44mgとされています。とゆうことは、スターバックスのコーヒーを飲んで摂取するカフェインの量は、ティーバック1つ分が含むカフェインの、約4倍にもなるのです!

コーヒーの安全な摂取量は?

ここからは、どれくらいの量のコーヒーを飲むことで、以前の記事でご紹介した健康効果を得られるのか、またどれくらいの量のコーヒーを摂取すると過剰摂取なのかについて、注目してみましょう。

1日に飲んでいいカフェインの量

「適量」とされる、健康な成人に対するコーヒーの目安摂取量は、カフェインを基準に計算した時に、1日あたりの最高500mgということです。この500mgは、自宅で淹れるレギュラーコーヒー5杯分、もしくはスターバックスコーヒーのグランデサイズのコーヒー1杯(カフェイン360mg)より少し多い量です。

妊娠している女性の場合、この量よりも少ないカフェインの摂取が推奨されます。1日あたり200mgか、それ以下とされていますが、実際には妊娠中は一切カフェインを摂取しないことが理想です。また、多くの専門家は、体に悪い影響を与えずに、コーヒーの健康効果を得るためには、1日あたり1~2杯のコーヒーの摂取が理想的であるとしています。しかし、現在健康に問題がある場合が、カフェインの摂取量は大幅に少なく、もしくは一切摂取しないのが良いということです。

まとめ

コーヒーに含まれるカフェインは、うつ病の症状改善や、自殺率の低下など心の健康もサポートするとされています。しかし、コーヒーは一般的に中毒性があるとされているため、目安の摂取量とされている量を意識することが大切です。また、上記のようにコーヒーの種類や淹れ方によってもカフェインの量は異なるということも覚えておき、カフェインの過剰摂取を予防しましょう。

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る