コラーゲンの型と効果:17型コラーゲンの有効性 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コラーゲンの型と効果:17型コラーゲンの有効性

カテゴリー:

薄毛

 

美容や健康効果の高いコラーゲンですが、最近注目が高まっているのが、17型コラーゲンです。薄毛や抜け毛対策に効果があることが注目されています。今回は、17型コラーゲンについてお話します。

コラーゲンの型と効果:17型コラーゲンの有効性

コラーゲンといえば、健康、美容などにいろいろな効果があることは、これまでにもご紹介してきました。そして、コラーゲンには、20以上もの型があって、それぞれの型によって特徴があるので、目的に応じた利用が有効です。そのなかの一つとして17型があります。17型コラーゲンは、薄毛や抜け毛に効果があるのが最近注目されています。

17型コラーゲンの有効性

17型コラーゲンは、BP180とも呼ばれる非線維性コラーゲンです。頭皮の毛包幹細胞に存在していて、髪の成長や髪の色素を維持する働きがあります。そのため、抜け毛、薄毛予防や白髪にも良い効果があるとされています。

最近の研究で、17型コラーゲンは、加齢と共に細胞内で減少していき、これが薄毛や抜け毛を誘発することがわかりました。さらに東京医科歯科大学の研究チームの研究では、毛包幹細胞と色素細胞がうまく機能しなくなることが、抜け毛と白髪を増やすことを明らかにしました。また、17型コラーゲンを補うことが、予防効果があることもわかっています。

薄毛のメカニズム

この研究で明らかにされたことは、薄毛のメカニズムは、男女によって大差がないということです。これまでは、男性は男性ホルモンによる働きが、女性は女性ホルモンの働きが薄毛を招くともいわれてきましたが、実はこのような性ホルモンの影響より、加齢による影響が大きいというのです。

加齢により薄毛が進むのは、毛を作る細胞である毛包幹細胞の働きが関与しています。毛包幹細胞が、細胞分裂を阻害したり、DNAを傷つけることが、薄毛や抜け毛の原因となります。そして、若いうちは、たとえ細胞やDNAが傷つけられても、修復力があるので、自己修復が可能です。年をとると細胞の再生力や修復力が衰え、細胞内の酵素を使って修復しようとします。普段は、毛包幹細胞はコラーゲンに保護されているですが、細胞を修復するときに酵素がコラーゲンを分解され、毛包幹細胞を包んでいるコラーゲンが破壊されると、毛包幹細胞は頭皮の表面に表れ始めます。これが頭皮のフケや垢を発生させます。また、毛包幹細胞がこれまで生えていた毛を押し出すと、髪は成長途中でもどんどん抜け落ちていきます。やがて、毛穴そのものが死滅して、髪は永遠に生えてこなくなります。

このような加齢による薄毛のメカニズムは、一時的な抜け毛とは違い、毛根そのものが無くなってしまう致命的な状態です。毛根がなくなってしまったところへいくら育毛剤を使っても、髪が生えてくることはありません。

薄毛対策に有効な17型コラーゲン

そこで注目されたのが17型コラーゲンです。17型コラーゲンは、一部では食事からとることができるともいわれています。豚や鶏の軟骨にもたくさん含まれているので、毎日の食品で摂取することができます。

しかし、一方では、17型コラーゲンは食事からは摂取できないという説もあります。体内の17型コラーゲンは、食品のコラーゲンでは体内に吸収されません。そのため、サプリメントなどで補う必要があります。

そして、減少した17型コラーゲンによる抜け毛や薄毛に対策するには、日常生活を改善することも有効な手段です。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動が薄毛や抜け毛を防ぎます。また。アミノ酸サプリメントなどをしっかりと補い、普段から体の内にアミノ酸をしっかりと補っておくことが大切です。

(文:宮本明燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。