コラーゲンを経口摂取する有意性の論文について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コラーゲンを経口摂取する有意性の論文について

カテゴリー:

最近、コラーゲン経口摂取しても意味がないという情報をよく耳にします。ですが、その一方で経口摂取でも効果があると発表されている研究論文も数多くあります。ではどちらが正しいの?と思う方が多くいると思いますので、今回はそれについて調べました。

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲンはタンパク質の一種であり、私たちの体を構成するタンパク質のうち、その約30%がコラーゲンとなっています。また、コラーゲンは皮膚などに含まれているイメージですが、実際には骨や内臓、あるいは血管など身体の随所に多く存在しており、まさに身体に欠かせない成分となっています。

コラーゲンには多くの摂り方があります。食べ物から摂る経口摂取の他にも、肌に直接注入するなど医学が発展した現在では様々な方法が存在します。ですが、それとともに「口から食べた栄養素が肌などの部位に届くのか?」「そもそも本当に効果があるのか?」という疑問視する声もあがるようになりました。

効果があるコラーゲン、ないコラーゲンの違いは分子量の大きさ

豚の皮など滋養のある食べ物を鍋にして、コラーゲンを食べるのが流行ったこともありましたよね。ぷるぷるとした肉感がいかにも食欲をそそり、お肌や健康に良い食べ物といして一世を風靡しました。しかし、これではコラーゲンの美容効果が期待できないということが今になって囁かれるようになっています。

その理由はコラーゲンの種類によるものです。そういった食品に含まれるコラーゲンの分子量は大きいため、口から摂取してもうまく消化できずに身体に吸収されないのです。

美容効果が期待できるコラーゲンは?

では食品に含まれるコラーゲンはどれも美容や健康に役立たないのでしょうか?先に結論を言いますと、期待できる製品もあると思われます。それは、コラーゲンを使用しているサプリメントは分子量を小さくするなど健康効果を実感できるよう調整されているものが多く、体内で吸収されやすいからです。

ただし商品によって当然差異はありますので、原料の産地が分かっているものや成分表示がきちんとされているものをおすすめします。 

 最近話題のコラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドとは、コラーゲンに似た作用を持つ新たに発見された成分であり、コラーゲンより分子量が小さいため、より吸収効率が高いと言われています。コラーゲンペプチドは豚の角煮や牛すじ、フカヒレなどの食品に多く含まれています。しかし食品からですと、これらの食べ物は脂肪分やコレステロールも多いため美容にはおすすめできません。最近ではコラーゲンペプチドを使った健康食品も出ていますので、それを使ってローカロリーで継続的に摂取するのがおすすめです。長期的に摂り続けることで、効果がより出やすいことも医学的に認められています。

コラーゲンを上手に摂取するには

コラーゲンやコラーゲンペプチドを食べ物から摂取するには、スッポンや豚の角煮などが多く含まれています。しかし、なかなか食べられないものであったりハイカロリーであったりと食事から摂り続けるのは至難の業です。そこで、安定的に摂り続けるにはこれらを使った健康食品を使うのがいいでしょう。分子量を調整したり、カロリー計算していたりと身体にやさしい作りとなっているものが多いので、健康管理にはうってつけです。特にサプリメントを使えば選択的に欲しい栄養素を摂ることが出来ます。お手軽に使えるのも長所であり、お好きなタイミングで摂取できます。

コラーゲンの摂り方のように、健康を実践するには知識も必要です。もし身の回りで「これでいいのかな?」と思うことがありましら、コメント欄からご質問下さい。できるだけ早くお答えいたします。

関連記事:『コラーゲンが肌にもたらす効果』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。