酵素を助け、デトックス効果。腸内を整えよう③ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

酵素を助け、デトックス効果。腸内を整えよう③

カテゴリー:
大腸の壁などに溜まった古い老廃物を放っておくと、腸内でガスや毒素が発生し自家毒症状に落ちいります。また、これにより様々な病気が心配されます。この様な老廃物の蓄積を防ぐために、洗腸と呼ばれる行為を行う人がいます。これは、腸内に直接液体を流し入れることで、硬くなった便を排出、を活発化させるなどの効果があるとされています。また腸内をきれいに保つことで、酵素が効果的に機能し、デトックス効果が期待されます。しかし、この洗腸を健康管理として行う前にいくつかの注意点が存在します。

洗腸による副作用

天然”や”自然”というだけで、必然的に安全とは言えません。アメリカでは、洗腸用の製品が政府の許可のもと医薬品として販売されていないことを考慮した上で、洗腸用品の安全性や、効力は保証されていないとも言われています。また、専門家として洗腸を行うセラピストに対し、決められた資格が存在しないことも問題とされています。この様な理由により、何か腸の具合を心配している、もしくは病気の改善に役立てつために洗腸を考えている様であれば、洗腸を行う前に医師に相談することが推奨されています。

洗腸による副作用には以下の例があります。

  • 吐き気、嘔吐
  • めまい、脱水症状の初期症状
  • ミネラル不足
  • 腸穿孔
  • 炎症
  • 健康を助ける腸内フローラを減少
  • 肝疾患

また、洗腸の際に用いる液体に、特定の物質が混ぜられている場合(例:コーヒー)、アレルギー反応を起こす可能性が有るので注意が必要です。

健康に問題がある人は要注意

以下の様な健康問題を患わっている場合、副作用が大きくなる傾向があります。

  • 憩室炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 重度の痔
  • 直腸や結腸の腫瘍
  • 最近に大腸手術を受けた場合
  • 心臓病や腎臓病
  • 大腸の健康を促進するその他の方法

何を摂取したら良い?

毎日の食事の食材選びが、大腸の健康を守るために大きな影響を与えるとされています。また健康的な食事を心がけることで、大腸だけでなく体全体の健康改善が期待できます。

特に、可溶性そして不溶性の食物繊維の摂取量を増やすことで、便秘憩室疾患など、様々な胃腸に関わる健康問題をサポートするとされています。

アメリカ人の場合、一般的な成人一人あたりの1日の食物繊維の摂取量は15gほどであるとされていますが、25g~30g程度の食物繊維の摂取が理想的とされています。もし、自身がグルテンアレルギーなどを持っていないない場合、シリアルや全粒穀物などの不溶性食物繊維、そして、穀物のふすまや、フルーツ、野菜、オーツなど可溶性の食物繊維を食事に加えてはいかがでしょう。

まとめ

毎日の食事に加え、十分な量の水分を摂取することも重要です。しかし、アルコールの摂取はほどほどにしましょう。タバコを避け、赤身肉の摂取も控えることが勧められています。そしてもちろん、50歳を超えたら定期的に大腸の検診を行い、医師に健康を診断してもらうことも推奨されています。洗腸を行う際には医師に相談し、安全に洗腸を受けられるかどうかアドバイスを促しましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。