化粧品の使用で体内にフタル酸、パラベン、フェノールが蓄積? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

化粧品の使用で体内にフタル酸、パラベン、フェノールが蓄積?

カテゴリー:

化粧品

化粧品、シャンプー、フレグランスなどのパーソナルケア用品は、フタル酸パラベンフェノールなど人間を危険にさらす内分泌かく乱物質を含んでいる可能性があります。ある小規模調査で、一般的な成人女性は毎日およそ12個のパーソナルケア用品を使い、十代の女子は17個使用しているという結果になりました。この結果から、思春期の女子の身体はパーソナルケア用品に含まれる多くの危険物質にさらされている可能性が高いということになります。2009年~2010年に行われたアメリカの全国健康栄養調査では、参加者の90%以上の尿中にフタル酸、パラベン、フェノールが検出されました。

フタル酸、パラベン、フェノールが引き起こす副作用

 

多くのパーソナルケア用品には異なる種類のフタル酸、パラベン、フェノールが使用されています。

最も一般的に使用されるフタル酸には、香水、デオドラント、石鹸、シャンプーに含まれるフタル酸ジエチル、マニキュアや化粧品に含まれるフタル酸ジ-n-ブチルやフタル酸ジイソブチルがあります。動物実験では、これらのフタル酸がエストロゲン作用、抗アンドロゲン作用を持つことが示されており、人間による研究では、これらのフタル酸が子供たちの行動やアレルギー反応に影響することが明らかになっています。

パーソナルケア用品に含まれるパラベンには、メチル、エチル、ブチル、プロピルがあり化粧品の防腐剤や抗菌薬として使用されます。パラベンはねずみの実験で弱いエストロゲン作用と抗アンドロゲン作用を示しましたが、人間に対する健康への影響について殆ど知られていません。

2つのフェノールも一般的にパーソナルケア用品に使用されています。トリクロサンは抗菌性物質で液体石鹸、にきび用クリーム、デオドラント、シェービングフォーム、特定の歯磨き粉に使用されていますが、動物実験で、甲状腺ホルモンの恒常性の変更に関係していることが分かりました。ベンゾフェノン-3(別名オキシベンゾン)は日焼け止め、リップに使用されており、動物実験でネズミの子宮重量を増加させたことから、弱いエストロゲンとして作用すると考えられ、実験室で人間の乳がん細胞の増殖を促進させました。

 

化粧品

パーソナルケア用品を変えることで体内の内分泌かく乱物質が減らせるのか

 

2013年にアメリカで行われた調査では、普段使用しているパーソナルケア用品の代わりにラベルに内分泌かく乱物質表示のない商品を3日間使用することによる身体の変化を調査しました。実験は、北カリフォルニアに住む14歳~18歳の女子100人を対象に行われ、普段使用しているパーソナルケア用品の代わりにラベルにフタル酸、パラベン、トリクロサン、ベンゾフェノン-3などの内分泌かく乱物質の表示のないシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、化粧水、ハンドソープ、デオドラントと、化粧品4つ(マスカラ、ファンデーション、口紅、アイライナー、グロス、日焼け止めから選出)が提供され、それらを3日間使用し、実験前と実験後のそれらの有害物質の尿中の濃度を測定しました。

測定の結果、尿中のフタル酸モノエチルの濃度が3日間で平均27.4%も減少したことが分かりました。フタル酸モノ-n-ブチルの濃度と、フタル酸モノイソブチルの濃度に大きな変化はありませんでした。メチルパラベンとプロピルパラベンの濃度はそれぞれ、43.9%と45.4%減少しました。意外なことに、エチルパラベンとブチルパラベン濃度は増加しましたが、全体的に上昇率は低く、半分近いサンプルでは検出されませんでした。トリクロサンの濃度は35.7%減少し、ベンゾフェノン-3の濃度は36%減少したことが分かりました。

 

まとめ

 

今回の調査で、普段の化粧品をラベルにフタル酸、パラベン、フェノール表示がない商品に代えることで、尿中の内分泌かく乱物質の濃度が著しく減少することが分かりました。近年、パーソナルケア用品に含まれる内分泌かく乱物質の危険性への懸念が増しており、いくつかの会社は”低い化学物質”、”フタル酸フリー”、”パラベンフリー”の商品を販売しています。天然物質をベースに作られたオーガニック化粧品の使用は、消費者を危険物質から守ります。自分の身体を危険物質から守る為にパーソナルケア用品を購入する際はラベル表示を確認することが大切です。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。