女性の尿失禁について②:尿失禁の治療や対策方法 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

女性の尿失禁について②:尿失禁の治療や対策方法

カテゴリー:

これまでは尿失禁といえば高齢者というイメージでしたが、最近では中高年の女性にもこの症状が増えています。今回は、女性尿失禁治療対策方法についてお話します。

女性の尿失禁について②:尿失禁の治療や対策方法

女性のあいだでも尿失禁の症状が増えています。重度になると、病院での治療が必要になり、最近は、女性の泌尿器科などもあるので、以前に比べて治療しやすくなりました。

クリニックでの治療は、いろいろな方法で行われます。膀胱の位置が落ちてきたり、膀胱を支える腹筋の力が衰えてきた場合は、外科手術による治療が可能です。1~2週間の比較的簡単な手術で治療できるので、もし症状が酷ければ外科手術で治療することも一つの方法です。

症状が酷くない場合や、自宅での対処方法で改善が見込まれる場合は、まずは自宅での対策がとられます。ほとんどの場合は、手術をするほどでもないということが多く、時々失禁症状があるという程度なら日常対策での改善が可能です。

尿失禁の対策方法

尿失禁の対策方法としては、次のようは方法があります。

骨盤底筋の訓練

膀胱訓練

尿失禁が起こりにくい日常生活を送る

骨盤底筋の訓練は、骨盤底筋を鍛えて、尿意が起きた時に尿を抑えることができるようにします。骨盤底筋が弱ってくると、膀胱が下がってきます。そのため、骨盤底筋を鍛えて、筋肉がこれ以上下がってこないように筋肉を鍛えます。

骨盤底筋の訓練には、骨盤底筋の体操が有効です。骨盤底筋を鍛える運動として簡単にできるのは、トイレに行った時に、排尿を途中で一度やめて我慢することです。この時に筋肉を上手く収縮できれば、自分で骨盤底筋をコントロールできるようになります。

もう一つは、時々、気がついたら意識的に膀胱に力を入れて、膀胱の周りの筋肉を鍛えることです。自然と膀胱周りの筋肉が収縮して、鍛えられていきます。まだ尿失禁がない方でも、骨盤底筋の訓練で尿失禁予防になります。

膀胱訓練の方法は、トイレに行くのを我慢することです。よく尿を我慢すると膀胱炎になると聞きますが、実際には切迫性尿失禁の方は、我慢するほうが有効です。膀胱に少ししか尿が溜まっていないのにトイレに行くと、雑菌が膀胱に入り、感染症などを引き起こしやすくなります。1回の尿量が200㏄以下の場合は、尿意を我慢することも必要です。

これらの対策方法で効果が出ない場合は、外科手術へと進みます。外科手術の対象となるのは、腹圧性尿失禁ですので、それ以外の方は外科手術は行えません。

最近増えている尿失禁と対策方法

最近では、女性ホルモンのバランスの乱れやストレスによる尿失禁が増えています。お話しましたように、このような症状の方は、まずは尿失禁が起こりにくい日常生活を送ることが必要になります。ホルモンバランスが崩れやすい方は、サプリメントや栄養素を補給して、ホルモンバランスを整えることができます。毎日の生活でのストレスを軽減し、十分な栄養や睡眠をとることが大切です。

まとめ

女性の場合、尿道が短くて感染症なども併発しやすいので、そのような症状にもよいのがクランベリーサプリメントです。クランベリーサプリメントは、女性の泌尿器系に良いサプリメントとして知られていますので、尿失禁の不安のある方にもおすすめしたいサプリメントです。

サプリメント

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。