害虫対策:蚊で感染!?デング熱 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

害虫対策:蚊で感染!?デング熱

カテゴリー:

デング熱

暖かくなるにつれて気になり始める害虫。身の回りには色々な害虫が存在しています。その中でも今回は、春から秋にかけて悩まされるから感染するといわれる「デング熱」のお話しをしたいと思います。「未来世紀ジパング」というTV番組でも今回は、害虫の話題が取り上げられていました。

デング熱とは

 

主にやぶ蚊の一種のネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊に刺されたことによって発症するデングウィルスによる感染症の名称です。

これらの蚊が分布する地域は北緯35度から南緯35度の間、アフリカ地域、アメリカ地域、東地中海地域、東南アジア地域、西太平洋地域の熱帯・亜熱帯地域で、標高1,000メートル以下の所に生息しています。海外での発生症例だけでなく国内での発生症例も報告され、最近では日本でも注意が必要になってきました。通常、人間同士の直接感染は起こりません。ただし、輸血や血液製剤の使用、臓器移植などは例外で発症します。また、妊娠中もしくは出産時に母親から子供へ垂直感染で発症することも報告されています。その他、まれに人から人へと感染することも報告されています。

 

デング熱の症状

 

感染した場合8割は無症状で、発症した場合でも発熱するくらいです。ただし、5%程度の割合で重症症状となり、生命を脅かすこともあります。

潜伏期間(感染してから症状が出るまでの期間)は3日~14日で、ほとんどの場合は4日~7日です。

発症した場合、普通の風邪やインフルエンザとの区別が難しく、診断も難しいです。子供や妊婦、気管支喘息や糖尿病である人の場合は、症状が発症しやすく、風邪や嘔吐や下痢等の症状がたびたび現れ、重度の合併症に陥りやすいです。また、男性よりも女性の方が発症しやすいと報告されています。その他重症症例では、ギランバレー症候群や横断性脊髄炎など神経疾患、心筋炎や急性肝不全などがまれに起こる合併症として報告されています。

 

デング熱の予防対策方法

デング熱 蚊

虫除け対策

 

現在のところワクチンやウィルスを標的とした有効な治療方法はありません。デングウィルスを媒介する蚊が多い地域に行った場合、肌の露出はしないようにする、防虫剤・虫除け剤を使用する、といった虫除け対策をしっかりして注意しましょう。

 

流行地域と流行時期を知る

 

インフルエンザなどのウィルス感染症と同じように流行地域と流行時期があります。そのような情報をしっかり得て、旅行するときは注意するようにしましょう。万が一感染し発症の可能性が疑われた場合、海外から帰国後早めに近くの医療機関に必ず受診しましょう。

 

デング熱の検査

 

検査ができる医療機関については、蚊による感染ガイドラインというものがありますのでこちらを参考にして医療機関に受診してください。医療機関で検査をした結果が陰性または判定不能の場合は、保健所へ報告・相談し、地方衛生研究所や国立感染症研究所で再度検査してもらうことになります。デング熱は感染症法で管理される感染症なので、診断した医師により直ちに保健所に報告される義務があります。

 

デング熱の治療

 

治療方法としては、効果的なワクチンがあるわけではありません。血小板数が減少して、出血傾向が通常よりでやすくなるので、通常使用するような解熱鎮痛剤を使うことは原則禁忌となります。治療薬として比較的安全なカロナールのようなアセトアミノフェンを使用することが多いです。

公園 子供

まとめ

近年、温暖化の影響で日本でもデング熱感染症例が報告されるニュースを聞くことが増えてきました。流行地域に旅行して感染し発症するだけではなく、日常の生活で蚊に刺されて感染してしまう可能性があるということに恐ろしさを感じます。

世界中で様々な対策が講じられており、最近になってデングウィルスのワクチンの開発に著しい進歩が認められているそうです。また、抗ウィルス薬の開発についても遺伝子研究の進歩に伴い非常に優れた進展が認められているという報告がされています。現時点では、できるだけ蚊に刺されないような予防を心掛けることが非常に重要となります。

 

【記事監修】歯科医師:霜 信孝

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る