5月病とは?症状や治し方を知ろう | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

5月病とは?症状や治し方を知ろう

カテゴリー:

5月病

入学や、就職、引っ越しなど、様々なスタートの時期でもある4月。仕事や学業に意欲をもってスタートしたはずが、4月の終わり頃から、体調の変化を感じる、何となくやる気が出ないなど「5月病」になる人が増えてきます。今回は、5月病の症状や、治し方についてご紹介いたします。

5月病とは

 

「5月病」という名前を、皆様一度は耳にしたことがあると思います。

実はこの名前、正式な病名ではありません。新しい環境が原因でおこる精神及び身体的症状は、5月の連休明けに現れることが多い為、5月病と呼ばれるようになりました。実際の医学的な診断名は、「適応障害」や「うつ病」などが一般的です。ここでは、適応障害に焦点を当ててご紹介いたします。

 

適応障害の症状

 

適応障害は、個人が、周りの環境や、特定の出来事に強いストレスを感じ、心や体に症状が現れる病気です。

 

適応障害の主な症状

 

●身体的症状:不眠、食欲不振、疲労感、めまい、発汗など

●精神的症状:抑うつ気分、不安、無気力、焦りなど

 

これらの症状を我慢し続けると、過度のストレスになり、やる気が出ない、人との関りが億劫になるなど、日常生活にも影響します。また、この状態が続くと、感情のコントロールが乱れ、無断欠勤、喧嘩、過食などの問題行動の発症にも繋がります。

 

5月病の治し方

 

適応障害の具体的な治し方

 

一部例外を除いては、基本的に、その人のストレスの原因を回避することで、適応障害の症状は、徐々に良くなることが多いです。それでは、実際の治療法を見ていきましょう。

 

その1:ストレスの原因の除去

 

何に対してストレスを感じるかは、人それぞれ異なります。その為、まずはストレスの原因を明確にし、原因除去のために環境を変えるなどの対策が必要になってきます。こうすることで、心が落ち着き、ストレスが軽減されるでしょう。しかし、原因が同居する家族など、回避するのが難しい場合は、また違った改善法が必要です。

 

その2:薬物療法

 

ストレスの原因を除去した後も、症状に変化が見られない場合は、薬を用いた治療法が行われます。ストレスに起因する精神症状を軽減するために用いられる薬は「向精神薬」と呼ばれ、代表的なものに、睡眠薬、抗うつ薬、気分安定薬、抗精神薬等があります。これらは、直接脳に作用し、人によっては副作用が出る場合もあるので、必ず医師の指示に従い、相談しながら使用しなくてはなりません。しかし、薬物療法は、あくまで症状の軽減に用いられるものであり、根本的な治療にはなりません。

 

その3:精神療法(心理療法)

 

ストレスへの対処を中心に行う療法に、精神療法(心理療法)があります。医学的なアプローチ方法を「精神療法」、心理学的なアプローチ方法を「心理療法」と言いますが、実際に実施する内容は同じことが多いです。この方法は、適応障害にとって効果のある治療と言われ、特に、カウンセリングや認知行動療法は、本人のストレス耐性や、環境適応力を高める為のより効果的な治療と認識されています。

 

●カウンセリング

カウンセラーと話すことで、気持ちを落ち着かせ、自分を見つめなおす時間を作ります。話を進める中で、自身が、自分の感じ方の特徴に気付き、そこからストレスに対する対処法を一緒に考えていきます。

 

●認知行動療法

カウンセラーと一緒に本人のストレス因子を見つけ、その受け止め方や考え方に対して、より積極的に働きかけ、心と、実際の行動に良い循環を起こさせるようにアプローチしていく方法です。

 

この二つの方法は、併用されることが多いようです。回数を重ねることで、個人の環境適応力を育てることができる為、より高い効果が期待できます。昔は、カウンセリングは抵抗感のある療法でしたが、現在では認知度や効果の高さも知られており、多くの人が利用していますので、難しく考えないで利用されることをおススメいたします。

 

その4:生活習慣の見直し

 

眠れない、食欲がない、なかなか起きられない、やる気が出ないなどの症状が出た場合、「休養・睡眠」「食事」「運動」など、基本的な生活習慣を見直すことで、体内の働きが調整されて、症状が改善する場合があります。大切なのは、「生活習慣が自分を変える」と信じて実施することです。

運動

 

まとめ

 

5月病は、その人によって症状の出方が違います。頭痛や風邪に似た症状が出る人もおり、内科等に相談した結果、「異常なし」と診断されることもあるようです。その為、辛い症状が続く場合は、セカンドオピニオンとして心療内科や身近な精神科等への受診をおススメいたします。全国精神保健福祉センターの相談窓口をご利用いただくのも良いかもしれません。5月病は、治療によりストレスの原因を解決できれば、6ヶ月以内に回復する可能性があると言われています。これからの季節、体調の変化や、億劫さを感じたら、早めに原因見つけ、ひどくなる前に対処していけると良いですね。

 

【記事監修】日本心理学会認定心理士:N.Komatsu

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。